野菜を入れて優しい味わい。「チーズスープ」の海外レシピ6選

チーズを溶かして、チキンスープと合わせて食べる「チーズスープ」。意外とチーズは低カロリーで、野菜など具をたくさん入れて食べれば、腹もちもよく満足感が得られます。海外のレシピからおすすめのものをご紹介。ダイエット中に食べるのもおすすめです。

2016年5月25日 更新

意外に低カロリーのチーズスープ

チーズのスープと聞くと「え?カロリー高そう!」と感じる方も多いのでは?しかし意外にもチーズは低カロリーで、野菜などの具材を加えれば腹もちもいいんです。特にカッテージチーズ・モッツアレラチーズは低カロリーですから、ダイエット中に食べるのにも向いているかも。

またカルシウムとたんぱく質が豊富なので、イライラするときに気持ちをしずめてくれる効果も期待できます。

そのまま飲んでももちろんおいしいのですが、おすすめなのはパンをつけてディップ代わりする食べ方!ちょっと食欲のないときでも、この食べ方なら食べられそうです。

ということで、今回はチーズスープのレシピを集めてみました。

1、アイリッシュ風にビールを入れて

鍋を中火で熱し、バター・玉ねぎ・にんにくを加え3~5分炒めて玉ねぎがしんなりしたら、ブレンダーにチキンスープと一緒に入れてなめらかにします。ピューレ状にしたものを再度鍋に戻し、チキンスープとビールをさらに追加して沸騰させます。

細切りにしたチーズとクリームチーズ・コーンスターチ・マスタードを追加し、チーズが溶けてとろっとしてくるまでよく混ぜながら熱します。塩コショウで味をととのえて、最後にベーコンやネギをトッピングしてどうぞ。

ビールを入れるので大人の味に。お子様用に作るときにはもちろん省いてくださいね。

2、ブロッコリーでいろどりを

鍋は中強火で熱し、バターを溶かしてから、玉ねぎを入れてしんなりするまで3分炒めます。にんにくと小麦粉も追加し1分炒め、かき混ぜながら牛乳・チキンスープ・ブロッコリーを加えます。

スープが煮立って来たら火を弱めて、ブロッコリーに火が通るまで、ずっとかき混ぜ続けます。生クリームを入れて混ぜ、火を止めたら、パルメザンチーズとチェダーチーズを入れてよく溶けるまで混ぜます。塩コショウで味をととのえて完成。

違う種類のチーズを入れることで、さらに味わい深くなります。

3、ブルーチーズとナシを入れて

オーブンは180度に予熱し、粗みじんにしたくるみを塩・砂糖で味つけてきつね色になるまで5~7分焼きます。鍋にバターを溶かし、玉ねぎ・セロリをしんなりするまで炒め、ナシとカリフラワーを入れてよく混ぜたらチキンスープを加えましょう。野菜に火が通るまで15~20分煮込みます。

サワークリームとブルーチーズ・パセリを入れ、5分煮たら火からおろして、さらにかき混ぜ続けます。

トッピングにはローストしたくるみやブルーチーズの残りをどうぞ。塩コショウで味をととのえていただきます。ナシの甘さもいいアクセントに。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう