絶品「たぬきおにぎり」のレシピ紹介。おかずなしで何個でもイケる!

「たぬきおにぎり」とは、簡単に言ってしまうと「たぬきうどん(そば)」のおにぎりバージョンです。お弁当にはもちろん、お酒にも合いそうなのでシメのメニューとしてもおすすめです。 今回は「たぬきおにぎり」の作り方を紹介します。

「たぬきおにぎり」って知ってる?

みなさんは「たぬきおにぎり」って知っていますか?「おにぎらず」など、さまざまなレパートリーのおにぎりが増えていますが、「たぬきおにぎり」はなかなか知らないのではと思います。

「いなりおにぎり」や「パクチーおにぎり」など、お弁当の定番として親しまれ続けるおにぎりは、たくさんメニューを知っていても損はありません!
「たぬきおにぎり」とは、簡単に言ってしまうと「たぬきうどん(そば)」のおにぎりバージョン。おにぎりのバリエーションはたくさんありますが、この「たぬきおにぎり」は簡単にできてかなりおいしいのだとか。

お弁当にもいいかもしれませんが、お酒にも合いそうなのでつまみとして作るのもおすすめですよ。ではさっそく、「たぬきおにぎり」の基本的な作り方を紹介します。

「たぬきおにぎり」の基本的な作り方

「たぬきおにぎり」の基本的な作り方はとてもシンプルです。まずが炊きたてのご飯を用意しましょう。そこにあげ玉、白ごま、揚げ玉、白だしを混ぜ合わせます。全体的に混ぜ合わせたら、いつものようににぎって完成です。お好みで海苔などを巻いてアレンジしてから召し上がってみてください。
しっかりと味がついているので、おかずがなくてもパクパクと食べることができます。このおにぎりだけでも十分満足できるはず!

また、にぎるときに少し塩を使うと、全体的にアクセントになって味が引き締まるそうですよ。揚げ玉とご飯が予想以上に相性抜群なので、食べればきっと新しいおいしいさを堪能できるはずです。

アレンジもいろいろ!

こちらの「たぬきおにぎり」は塩昆布入り。塩昆布入りたぬきおにぎり大葉巻きです。材料にはかつお節、天かす、塩昆布、麺つゆ、胡麻油を使っており、それを混ぜ合わせて、大葉を巻いて完成です。
この「たぬきおにぎり」には、刻んだ大葉と白ごまがたっぷりと入っています。香ばしさをグッとアップしたたぬきおにぎりは、きっとやみつきになるはず。

そのほかにもアレンジとして、少しチーズを混ぜたり、天かすとジャコとネギを使ったり、熟味付けたまごを贅沢にまるごと入れ込んだり…。さまざまな楽しみ方をしている様子がうかがえました。

ありそうでなかった新しいおにぎり!

TwitterやInstagramなどでは「絶対裏切らない味。大好きな塩昆布入りたぬきおにぎり!今日は大葉でくるりん」「天丼が食べたかったけどあげるのが面倒で天かすがあったのでおにぎりにしました。おいしい!」などの感想があり、好評のようすがうかがえました。
いかがでしたでしょうか?

みなさんの中にも「たぬきおにぎり」が食べたくなった人もいるのではないでしょうか?簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS