ポイントは天かすを入れること!「ミツバ香るコクとろだし巻き卵」の作り方

これを知ってしまったらもう元の「だし巻き卵」には戻れない!?ついそんなことを言ってしまいたくなるような、活気的な隠し味を見つけてしまったのです……。今回は、そんな今までのだし巻き卵の概念を覆してしまうようなレシピをご紹介します。

2016年2月18日 更新

ライター : meiko

丸の内で働いているOLデス。おいしいもの大好き。スイーツ系から、都内デートや合コンで使えるお店を紹介していきます。

もう元には戻れない!?

どうでしょうか!どシンプルなだし巻き卵。 大好きなんです、わたし。 出し巻き卵。 甘い卵焼き派の方もいるかもしれませんが、わたしは完全なるだし巻き派!!! いやぁ〜、、天才的隠し味を足しただけで、本当においしいだし巻き卵が完成しましたよ。 卵って栄養ありすぎて、1日1個まで!みたいな都市伝説みたいなのありますよね。あれって本当にまったくのデマと言ってもいいほどの情報なのですよ。 たしかに完全栄養食品と呼ばれている卵ですが、1日2、3個はまったく問題ないようです! むしろ大切な栄養素がバランス良く含まれている、素晴らしい食品です。 そんな卵を使った人気メニューだし巻き卵に一工夫した美味いつまみです!

材料

卵 4個 ミツバ 1束 天かす 大さじ2 だししょうゆ 大さじ2 飲みたくなるお酒 日本酒、ビール、、なんでも!

作り方

① 卵を混ぜる。
まず卵を溶いて、
2cmくらいの幅にザクザク切ったミツバ、天かす、だししょうゆを入れて、
混ぜたら準備終了。
② 焼いていく。
具のバランスが偏らないように注意して、
何層にもして出し巻き卵を作っていく。
あ、お気づきですか?
わたし焼くの上手いんです。 じゃなくて、 ポイントは天かすが入るだけで、あとは普通に焼くだけです! これで完成なのです!! そうだ!天かすがとろ〜り感を出してくれるのですが、さらに中までジューシーな出し巻き卵をつくるには、中が半熟のうちに巻き込むことです! これだけは守ってくださいね。
この天かすという隠し味、どうか味わっていただきたい。。 天かすのコクととろっと感、ミツバの香り。 いつものだし巻き卵なんだったの!!! もう隠し味なしの出し巻き卵に戻れないかもしれませんが、ぜひぜひ試してみてください。
提供元:

特集

FEATURE CONTENTS