【基本】夏野菜カレーのレシピ。シャキシャキ食感は"素揚げ"で出せる!

なすやオクラ、トマトなどをたっぷり使った夏野菜カレー。野菜の濃厚な旨みがストレートに味わえてたまらないですよね。今回は基本の作り方とアレンジレシピをまとめました。夏バテ知らずのスタミナカレーでおいしく暑さを乗り切りましょう!

旨みたっぷり!夏野菜カレーの基本の作り方

材料(2人分)492kcal/人

・牛ひき肉……200g
・なす……1本
・オクラ……4本
・トマト……1個
・ズッキーニ……1本
・赤パプリカ……1/2個
・かぼちゃ……1/8個
・にんにく……1片
・しょうが……1/3片
・市販のカレールウ……2人分

作り方

1. ズッキーニはなすを輪切りに、赤パプリカとトマトは乱切りにしておきましょう。オクラはへたを取り、斜め半分に切ります。

2. にんにくとしょうが、ひき肉を、油をしいた鍋で炒めます。

3. ひき肉に火が通ったら、カットした野菜を入れましょう。水を入れて少し煮込んだら、カレールウを入れます。

4. 全体がなじみ十分に煮込んだら、ライスを盛った器にカレーをかければできあがりです。

上手に作るときのポイント

素揚げで野菜のシャキシャキ感アップ

とろとろに煮込んだ野菜もおいしいですが、シャキシャキとした野菜らしい食感のほうが好みという方には、素揚げをおすすめします。ルウと一緒に煮込まず別で素揚げしトッピングとして盛りつければ、カレーのとろとろと野菜のシャキシャキ感両方楽しめますよ♪

ズッキーニを入れるタイミング

ズッキーニのとろみを味わいたい方は、ほかの野菜とルウを少し煮込んだあとに投入しましょう。旨みを閉じ込めておくために、ひき肉と一緒に炒めておいたズッキーニを移動させておき、最後にほかの具材と一緒に煮込むようにします。そうすることで、とろっとした仕上がりになって絶品です♪

カレーの具材としておすすめの夏野菜は?

基本レシピで挙げた以外には、いんげんや冬瓜、モロヘイヤがおすすめです。どの野菜も食べやすい大きさにザクザク切って、ひき肉とカレールウと一緒に煮込めば完成します。意外な組み合わせを探してみるのもいいかもしれませんね♪

ボリューム満点!夏野菜カレーのアレンジレシピ5選

1. なすやオクラがごろごろ!和風だし夏野菜スープカレー

鮮やかな食材がたっぷりと入ったスープカレー

Photo by macaroni

さらっとしたスープ状のカレーが絶品の夏野菜カレーです。かぼちゃやパプリカ、ソーセージなど、さまざまな食材の旨みを贅沢に味わえます。夏バテ気味で食欲がわかないときも、あっさりした味わいなのでするする食べられますよ。

2. 圧力鍋で簡単!手羽元と夏野菜のさっぱりスープカレー

圧力鍋で作る、さっぱり味付けのスープカレーです。ほろほろとやわらかく仕上がった手羽元と、鮮やかな色合いの野菜の組み合わせが絶妙。どの世代の方にも喜ばれる食べやすいひと品なので、なんどもリピートして作りたくなりますよ。

3. 調味料ふたつで絶品◎ ごろごろ夏野菜のキーマカレー

角切りズッキーニやパプリカがきれいなキーマカレー

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう