【基本】夏野菜カレーのレシピ。シャキシャキ食感は"素揚げ"で出せる!

カレーはアレンジの幅が広く適した具材も多い料理。そんなカレーを夏野菜で彩りませんか? 夏野菜カレーの基本レシピとアレンジレシピを5つまとめました。野菜たっぷりの夏野菜カレーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏野菜カレーの基本レシピ

材料(2人分)

牛ひき肉……200g
なす……1本
オクラ……4本
トマト……1個
ズッキーニ……1本
赤パプリカ……1/2個
かぼちゃ……1/8個
にんにく……1片
しょうが……1/3片
市販のカレールウ……2人分

作り方

1. ズッキーニとなすを輪切りに。赤パプリカとトマトは乱切りにしておきます。オクラはへたを取り、斜め半分に切ります。

2. にんにくとしょうが、ひき肉を炒めます。ひき肉に火が通ったら、カットした野菜を投入。水を入れて少し煮込んだらルウを入れます。

3. 十分に煮込んだら、ライスを盛った器にカレーをかければできあがり♪

作るときのポイント

素揚げで野菜のシャキシャキ感アップ

とろとろに煮込んだ野菜もおいしいですが、シャキシャキとした野菜らしい食感のほうが好みという方には、素揚げをおすすめします。ルウと一緒に煮込まず別で素揚げしトッピングとして盛りつければ、カレーのとろとろと野菜のシャキシャキ感両方楽しめますよ♪

ズッキーニを入れるタイミング

ズッキーニのとろみを味わいたい方は、ほかの野菜とルウを少し煮込んだあとに投入しましょう。旨味を閉じ込めておくために、ひき肉と一緒に炒めておいたズッキーニを移動させておき、最後にほかの具材と一緒に煮込みましょう。

カレーの具材としておすすめの夏野菜は?

基本レシピで挙げた以外には、いんげんや冬瓜、モロヘイヤがおすすめです。どの野菜も食べやすい大きさにザクザク切って、ひき肉とカレールウと一緒に煮込めば完成します。意外な組み合わせを探してみるのもいいかもしれませんね♪

夏野菜カレーのアレンジレシピ5選

1. ごろごろ夏野菜のスープカレー

スープカレーも夏野菜でアレンジ! なす、パプリカ、カボチャでバランスのいい栄養たっぷりのカレーです。生クリームが入っているので、食べた瞬間の口当たりは少しマイルドに、でもカレーのスパイスはしっかり感じることができますよ。

2. 夏野菜と手羽元のスープカレー

手羽元をしっかりと煮込めば、ほろっと身が取れるほどやわらかくなります。スープにもチキンのうまみが出てくるので、煮込んでいる間に夏野菜を準備しましょう!ズッキーニやトマト、そしてウインナーなどどんな食材もなじんでくれるカレー風味のスープです。

3. 半熟卵でまろやかに!ドライカレー

特集

SPECIAL CONTENTS