ローディング中

Loading...

上手な魚の焼き方とコツを知れば、自宅のグリルやフライパンでも、パリッとした皮とフワッとした身の焼き魚に仕上がります。火加減、油や塩の使い方などなど、ご飯が進むおいしい焼き魚の作り方をご紹介します。今日からぜひお試しください。

自宅で焼き魚をおいしく焼こう!

自宅でグリルを使って魚を焼くとき、みなさん、気をつけていることはありますか?最近のグリルは性能もグンと上がっていて、遠赤外線も当たり前。基本的に、とてもおいしく魚を焼くことができます。

でも、じつは簡単なコツを知るだけで、もっともっとおいしく焼けるんですよ。今回は、魚の焼き方をテーマに、グリルの上手な使い方、フライパンで焼くときのコツ、干物のおいしい焼き方をご紹介します。

グリルの上手な使い方

魚を焼く前に「塩」を

タレや味噌につけこんである魚は、焦付きを防ぐため、軽く拭き取ってから焼きましょう。塩焼きの場合、白身魚は焼く10〜30分前、青魚は焼く30分〜1時間前に塩を振るようにしてください。

グリル内の温度ムラを活かす

グリル内は構造上、温度にムラが生じます。どのグリルを使っても基本的に同じです。奥の方が高温、中央より端の方が高温。まずこの二つを覚えておきましょう。

アジやサバの開きを焼く場合、奥の方が高温なので、頭を奥側に。身の厚い頭部には火が入りにくく、逆に尾の部分は焦げやすいからです。

グリルに入りきらないことも多いサンマの場合、二つに切って焼きましょう。頭部側を奥に置くか、それぞれ両端に置いて身の厚い部分を奥に向ければ、ムラなく火が通ります。

火加減を意識する

焼き魚は通常、「強火の遠火がよい」といわれています。グリルでは難しくても、強火の遠火の状態に近づけることは可能です。そのコツは、

①強火で5分ほどグリル内の温度を上げる、②網に油を塗る、③盛り付けるとき表になる面を上にして網に乗せる、④焼き始めるとき、弱火にする

以上です。強火で焼かない、は基本。弱火にしてもグリル内の温度は一定時間、温度が維持されているからです。中火以上にすると焦げるだけなので、注意しましょう。

また、「身が7割、皮が3割」を意識しつつ、焼いている途中に、お酒やみりんを少量塗るとキレイな焼目がつきます。ヒレにアルミホイルを巻いておくと、焦げを防げます。

時短の焼き方

冷蔵や冷凍の魚を早く焼きたいときは、電子レンジで温めや解凍をしましょう。魚をビニール袋に入れてぬるい流水にさらすと、魚の表面の温度が上がるので早く焼けます。

フライパンで焼くときのコツ

海の魚と川魚で焼き方を変える

海の魚と川魚によって、焼き方が異なります。

海の魚は最初に身を下にしてから焼き、川魚は皮を下にしてから焼きます。海の魚は皮から焼くと、皮が縮んで身が割れてしまい、川魚は皮にヌメリ・臭みがあるので、最初に焼いて消してしまうんです。

皮に油を塗る

塩焼きの場合、塩は適当ではなく、しっかりと振りましょう(やや多めでもいいぐらい)。魚から水分が出て生臭さも消え、身も引きしまります。また、皮には油を塗ってから塩を振ると、焼いて水分がなくなったときにパリッとした仕上がりになります。

フライパンの端に魚を置く

魚をフライパンの中央に置いてしまうと、火が当たる部分と当たらない部分が出てしまい、焼きムラができます。

弱火で皮から焼く

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寒い時期にほっこりできる♪牛乳を使ったホットドリンクまとめ

寒い時期がやってくると外に出るのが億劫になってしまいますね…。ホットドリンクでもどうでしょうか?心も身体も温まりそうな牛乳(ミルク)を使ったホットドリンクをまとめました♪緑茶、紅茶、キャラメル、はちみつなど、…

定番にしたい人気数の子レシピ8選!上手な塩抜き&リメイクテク

お正月には定番の数の子。そのままだけじゃなく、数の子のレシピはまだまだおいしいものがたくさんあるんですよ。サラダや和え物などすぐにできるものをはじめ、食卓の主役になるパスタ料理もおすすめです。余った数の子をも…

有名ブロガー「JUNA」さんの作る幸せご飯が素敵♡和食レシピまとめ

有名なブロガーで、レシピ本も多く出版している「JUNA」さん。彼女の作る家庭料理が素敵すぎると大人気なんです♡家族の幸せを考えているのがとってもよくわかるお料理はどれも美味しそう!今回は和食料理のレシピをご紹…

これでばっちり♩簡単サクサクかき揚げの作り方からレシピまで紹介!

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。そこで、今回はサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のコツをまとめました。簡単オススメのアレンジレシピ6選も…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

プロが教える自家製「米粉」の作り方!使い方のコツ&レシピ

今回は、自家製米粉の作り方を詳しくご紹介します。小麦アレルギーの方も、自家製なら安心して料理に使うことができますよね。製菓衛生師の資格をもつ筆者が、米粉を使ったパンやお菓子作りのポイントもお教えします!

連載記事

辻口博啓監修!「チーズスティック」はナイフ&フォークで食べたい贅沢アイス♩

2017年6月13日(火)、日本を代表するパティシエ・辻口博啓氏監修のアイス「チーズスティック」が発売されました!ブルーベリーチーズケーキがそのままアイスになったような、本格的な味わいなんだとか。実食レビュー…

ポイントは切り方にアリ!パリパリ食感の大根サラダを作るコツ徹底マスター♩

「大根サラダ」は、切り方次第で驚くほど食感が変化します。一番のポイントは、繊維に沿った千切りをすること!基本の切り方や、ピーラーやスライサーを使った簡単な方法で、パリパリシャキシャキの大根の食感を思う存分楽し…

ページTOPに戻る