ハーブティーも◎「リンデンフルーツティー」

人によってはちょっと飲みづらいと感じるハーブティーも、フルーツを使ってアレンジするとぐっと飲みやすくなります。 今回使うハーブティーはリンデン。発汗作用や利尿作用、鎮静作用が期待でき、鎮静・リラックスのハーブといわれています。心身の緊張を緩和したり、消化を促進、風邪の諸症状を緩和で用いられています。 気分が憂うつになりがちな梅雨の時期に、ぜひ試していただきたいハーブのひとつです。 フルーツの自然な甘さをたのしみながら、リンデンの優しい香りもプラスしてリラックスしましょう。 おすすめのフルーツは、柑橘系、パイナップル、りんご、梨、キウイ、マスカットなど。熱を加えても溶けてしまわないフルーツを使うと、水色(すいしょく)のきれいなフルーツティーが作れます。

材料

・リンデン 6g ・季節のフルーツ 適量 ・熱湯 300cc

作り方

1. 季節のフルーツは小さくカットする。 2. 手鍋にフルーツの半量を入れ、少量の水(分量外)を加えて煮込む。 3. ポットに残りのフルーツを入れる。(ガラスのポットを使う、中に入れたフルーツが見えてかわいいですよ) 4. 2が煮詰まったら熱湯を入れ、沸騰したらリンデンを加えて火を止め、フタをして3分蒸らす。 5. 3のポットに、4を茶漉しで漉しながらゆっくりと注いでできあがり。 お客様にもよろこばれる華やかなハーブティーのアレンジです。 ポットウォーマーを使うと保温できるうえ、ポットに入っているフルーツからも成分がしみ出しておいしくなります。ポットに入れておいた半量のフルーツは、ぜひ召し上がってくださいね。甘みが増していてとってもおいしいです!

季節のフルーツでたのしいお茶時間を

フルーツティーを作れるようになると、紅茶やハーブティーのバリエーションがぐっと増えます。応用で、スパイスやミルク、リキュールなども使えば、いっそう楽しいお茶時間が演出できるようになりますよ。 ぜひ、バリエーション豊かなアレンジティーの世界をたのしんでみてくださいね。 (写真&スタイリング/micamaru)

前回の記事はこちら

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS