初心者でも失敗しらず!「水出し紅茶」の安全な作り方と飲み方

今回は、水出し紅茶の安全でおいしい作り方をご紹介します。準備する物も少なく、初めての方でも簡単に作れますよ。そして、水出し紅茶は危険という話を耳にすることがありますが、その理由と注意点もご紹介します。

2019年11月19日 更新

ティーバッグを使った水出し紅茶の作り方

用意するもの

ふた付きのピッチャーやペットボトル(ガラス容器が理想) 水道水 水出し専用のティーバッグ

どんな水がおすすめ?

水出し紅茶に使う水は、水道水がおすすめです。なぜなら、ミネラルウォーターと比べ水道水は酸素をたくさん含むからです。ミネラルウォーターを使う場合は使う前に振って空気を含ませましょう。

水とティーバッグのバランスは?

おいしい水出し紅茶を作るための、水とティーバッグのバランスは下記を参照してください。 ・500cc...2個~3個 ・750cc...3個~4個 ・1Lの容器...4個~5個

作り方

1.容器に水を入れる。 2.水の中にティーバッグを入れ、少し振る。 3.あとは、2〜3時間待てば完成。冷蔵庫で冷しながらでも抽出できます。 抽出が終わったティーバッグは、容器の中に入れたままでも、取り出しても、どちらでもかまいません。抽出し終わった茶葉はそれ以上渋くならないからです。下手に手や箸を入れると雑菌が繁殖する恐れがあるので、入れたままにしておいたほうがいいかもしれませんね。

ポイント

容器に氷4〜5個を入れて抽出すると、スッキリと仕上がります。また、普通の茶葉は熱殺菌されていないので、水出し専用のものを使うようにしましょう。水出し専用の茶葉はたくさん販売されてるので、そちらを選んでくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS