ローディング中

Loading...

連載:一杯のお茶を、もっとたのしく

ダージリンやアッサムってよく聞くけれど、いったいなんのこと?知っているようで知らない紅茶の種類の話と、ミルクティー、ストレートティーなどシーン別に紅茶を選ぶポイントをお伝えします。覚えておくと「紅茶通」と思われるかも!

お茶時間をもっとたのしむコツ

普段なにげなく飲んでいる紅茶ですが、一言で紅茶といっても実にさまざまな種類があります。

紅茶には、大きく分けて「産地別紅茶」と「ブレンドティー」があります。
今回は産地別紅茶に少し詳しくなって、紅茶ライフをよりたのしむためのコツをお伝えします!

「紅茶通」になれる紅茶の選び方

お茶しようと、カフェでメニューを広げたら、紅茶の種類が複数あって迷ってしまった、という経験はありませんか?

とりあえず、聞いたことのある銘柄として「ダージリン」をオーダーするかもしれません。または、いたるところで見聞きする「アールグレイ」を選ぶかもしれませんね。

また、どんな紅茶をオーダーしても、たいてい「レモンとミルク、どちらになさいますか?」と尋ねられますね。さて紅茶通ならどう答えますか?

ちょっとだけ紅茶通にみられる紅茶の選び方をご紹介しましょう!

ダージリン、アッサム、ウバって?

紅茶メニューでよく見る、ダージリン、アッサム、ウバって一体なんのことでしょう?

元々は中国でしか生産されなかったお茶ですが、現在は世界中で生産されています。
もちろん日本でも、緑茶をはじめ紅茶も、国産紅茶または和紅茶として生産されています。

例えば、日本茶が八女茶、宇治茶、狭山茶などと、産地の名前をそのまま商品名にしているように、紅茶の商品名も産地の名前をそのまま使っています。つまり、ダージリン、アッサム、ウバは、産地の名前なのです。
お米もワインも、地域によって風味が変わりますよね。紅茶も同じ。
茶は農産物なので、その土地土地の気候風土や土壌、季節、またその年の天候状態によって品質や風味が変わってくるのです。

迷った時は、これがおすすめ!

ティールームやカフェで、メニューにいくつかの紅茶が載っている場合、その時の気分や、一緒に食べるお菓子によって、紅茶を選ぶと思います。

「ミルクティーがのみたいな」とか「ストレートティーがのみたいな」という時、どんな紅茶を選べばいいかのヒントをご紹介します。

ミルクティーが飲みたいときは

■選ぶポイント:ミルクに負けないコクをもつ種類を選ぶこと
■おすすめ:インドの「アッサム」


北東インドが産地の「アッサム」は、ミルクに負けないコクがあるので、しっかりと紅茶の味を感じます。ミルクと茶液が合わさった時のキャラメル色もおいしさを引き立てますよ。

スリランカの「ウバ」「ディンブラ」もおすすめです。
ディンブラは、少し上品な雰囲気に。ウバは、爽快さも感じさせるので夏のミルクティーにおすすめです。

意外と知られていないところでは、東アフリカの「ケニア」で作るミルクティーもおいしいですよ。
一度飲んだらやみつきになってしまうかも。とくに、濃厚チョコレートを使ったお菓子との相性はバッチリ。試してみてくださいね!

レモンティーが飲みたいときは

■選ぶポイント:水色の濃い種類を選ぶこと
■おすすめ:スリランカの「ディンブラ」


レモンには植物酸が含まれており酸性なので、紅茶液の色を薄くしてしまう性質があります。

もともと紅茶液の色〈水色(すいしょく)〉が明るい(薄い)紅茶を選んでしまうと、レモンを浸した時さらに薄くなり、見た目のおいしさが軽減してしまいます。なので、すこし水色の濃い色の紅茶を選ぶのがおすすめです。

ミルクティーでもおすすめしたスリランカの「ディンブラ」は、水色もしっかりしていますし、香りもフルーツとよく合いますのでお試しを。

ちなみに私は、南インドの「ニルギリ」をフルーツティーのバリエーションでよく使っています!あまり聞き慣れない産地の紅茶かもしれませんが、クセが無くてスッキリとした喉越しにファンが多いですよ。

レモンは、茶液に浸したら、数秒後には取り出すようにしてくださいね。
浸したままにしておくと、レモンの苦味成分が出てしまって、紅茶の味が変わります。レモンは、香りづけのつもりで使うのがコツです!

ストレートティーが飲みたいときは

■選ぶポイント:香り、茶液の色、風味が楽しめる種類を選ぶこと
■おすすめ:インドの「ダージリン」


ストレートで紅茶をいただく醍醐味は、 まず紅茶の香り、そして茶液の色をたのしむこと。そしてその風味を味わうことです。五感すべてでそのおいしさを味わいたいですね!

おすすめは「ダージリン」。独特の風味と豊かな香りは「紅茶のシャンパン」と称されるほどなのです。
特にクオリティーシーズンとよばれる逸品の中には、マスカットの香りに似た「マスカテルフレーバー」が感じられます。

また、スリランカの「ヌワラエリヤ」もおすすめ。
スリランカの紅茶の産地のなかで最も標高の高い場所で育つヌワラエリヤのお茶は、優雅でデリケートな花香と、緑茶に似た爽快な渋みを持っています。

紅茶液も明るく(薄く)、とても繊細な雰囲気を漂わせているので、ミルクと合わせてしまうと、少女のような繊細な風味がのみ込まれてしまうのですね。

ミルクティーや、レモンティーでもおすすめしたスリランカの「ディンブラ」は、ストレートティーとしてもおいしく飲めます。ザ・紅茶!という味わいで、馴染み深い紅茶の風味をたのしむことができますよ。

おわりに

今回はミルクティー、レモンティー、ストレートティー、それぞれに合う紅茶の種類を産地別にご紹介しました。お店でオーダーする時に思い出してもらえたらうれしいです!

これだけ覚えていれば、周りのひとに「お!紅茶通」って思ってもらえるかもしれません。おうちの戸棚にある紅茶が産地別紅茶でしたら、ぜひ試してみてくださいませ。

とはいえ、紅茶は嗜好品なので「絶対にこうした方がいい!」というルールはありません。いろいろな飲み方をしていくうちに、きっとあなたのお気に入りの一杯が見つかりますよ。

あなただけの"A nice cup of tea"をたのしんでくださいね!

(写真&スタイリング/micamaru)

前回の記事はこちら

《一杯のお茶を、もっとたのしく》の記事一覧

しょうが

生姜を使ったアレンジティーは、おいしいというだけでなくダイエット効果も期待出来る組み合わせ!でも、ただ紅茶に生姜を入れれば良いのかというとそうでもないのです。せっかく飲むのだったら、目的にあった効果を最大限発…

スパイスティーと聞いてまず思い浮かぶのは「クリスマスティー」ですが、クリスマスシーズン以外にも飲みたいと思わせてくれる魅力がたくさんあるんですよ。自作のスパイスティーを一度淹れたら、その香りと味がくれる温かさ…

フランス語では、フランボワーズと呼ばれ、ジャムやソースに使われているラズベリーリーフは、古代ギリシャ神話では「神の白いフルーツ」といわれています。ヨーロッパで古くから「安産のハーブ」として、出産を控えた妊婦さ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

レシピ 大根 まとめ

大根=脇役だと思っていませんか?大根は立派にメインになる野菜!そしておいしいレシピも多彩にあるんです。大根は1本買って、たくさん食べるのが絶対にお得!定番メニューに取り入れたくなる、大量消費レシピを集めてみま…

ステーキ 牛肉 フランス料理

すっかり消えてしまった「ビフテキ」という名のメニュー。認知度は世代ではっきりと分かれるようですが、大抵は“ビーフステーキの略”として理解されています。しかしそれは大間違い!ビーフステー…

紅茶のみかまる

さいたま市浦和で、小さな紅茶とハーブの教室Lunarbow(るなぼ...

http://ameblo.jp/micamarche