連載

旬のアスパラガスは栄養たっぷり!選び方からレシピまで、まるごとご紹介

初夏の味覚のひとつ「アスパラガス」。時に真夏のような暑さになるこの時期は、カラダに負担がかかりがち。毎日の美容と健康のために、アスパラガスを上手に取り入れましょう。おいしいアスパラガスの選び方や保存方法、レシピをまとめて紹介します。

2017年5月22日 更新

アスパラガスってどんな野菜?

アスパラガスってどんな野菜?

Photo by Ayako Kunishio

国産のアスパラガスは5月から6月が旬。この時期、毎年おいしいアスパラガスを楽しみにしているという人も多いのでは?
日本には観賞用として江戸時代に伝わり、本格的な栽培は大正時代から、そして昭和に入ってから一般の食卓に食材として広まるようになりました。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違い

アスパラガスといえば、一般的には緑色の「グリーンアスパラガス」を指します。栄養が豊富で、さっと茹でるだけでもとてもおいしいのが魅力。
最近では西洋の定番、白い「ホワイトアスパラガス」も人気が高まっています。これはグリーンアスパラガスと同じ品種を、土を寄せて光を遮断して栽培することで真っ白に育てています。
国産のホワイトアスパラガスは北海道産がほとんどで、味が濃くうまみが強いのが特徴。ホワイトアスパラガスは旬がより短く、5月下旬から6月にかけての約半月間しか出回りません。

最近では濃い紫色が特徴の「紫アスパラガス」や、茎が細くて柔らかく茎が短い「ミニアスパラガス」も見かけるようになりました。食感やお料理によってお好みのアスパラガスをチョイスして楽しんでみましょう。

アスパラガスの選び方と保存方法

アスパラガスの選び方と保存方法

Photo by Ayako Kunishio

アスパラガスを選ぶときは、穂先がキュッとしまっているものを選びましょう。切り口はできるだけ白っぽいもの、みずみずしいものが新鮮な証拠です。アスパラガスはしなびやすいので、茎部分のハリも要チェック!鮮やかな緑色でツヤツヤとしているものを選びましょう。黄色っぽく変色していたり、筋っぽいもの、傷があるものは避けてくださいね。

購入後は新聞紙やラップで包んでからポリ袋に入れ、穂先を上にして立てるようにして野菜室で保管しましょう。2〜3日で食べきるのが理想です。
すぐに食べきれない場合は、早めに固茹でして使いやすい大きさに切り分けてからラップで包み冷凍用保存袋に入れて冷凍保存を。味の劣化を防ぐため、ラップや袋の空気はできる限り抜いて真空に近い状態で保管しましょう。きちんと冷凍すれば約2か月は冷凍庫で保存可能です。

アスパラガスをよりおいしく調理するコツ

アスパラガスをよりおいしく調理するコツ

Photo by Ayako Kunishio

アスパラガスをよりおいしく頂くには、ちょっとしたひと手間が欠かせません。

・皮をピーラーで剥く
根元部分約5cmはやや硬くなっています。この部分の皮をピーラーで剥くことで、食べた時に筋っぽい繊維が口に残らずより美味しく頂けます。

・下半分のハカマを取る
根元に近いハカマはやや固くなっているので、茹でた後に引っ張るか、茹でる前に削いでおきましょう。このひと手間で食感がより良くなります。

・茹で時間は短く
アスパラガスがすっぽりと入るお鍋またはフライパンにたっぷりのお湯を沸かしたら、固い根元部分からお湯に入れて約1分半~2分茹でます。鮮やかな緑色にしたい場合は塩を加えて茹で、ざるに上げて冷水で冷ましましょう。

※ 塩茹でする際は、お湯500mlに対し、塩小さじ1が目安です。
▼下記の記事も参考にしてみてください。
・根元部分は食べやすく切る
ハカマや皮を取り除いても、根元部分は穂先に比べるとやはり固め。縦半分に切るなど、より食べやすい大きさに切り分けて調理するのがおすすめです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

國塩亜矢子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう