冷凍方法もチェック!「アスパラの肉巻き」のレシピ&おすすめ献立

お弁当の定番とも言える「アスパラの肉巻き」。今回は、とっても簡単な基本レシピに加え、肉巻きフライの作り方や人気のアレンジもご紹介します。アスパラの肉巻きに合わせたい献立メニューもまとめているので、今日の夕飯にいかがですか?

お弁当にもぴったりな「アスパラの肉巻き」

アスパラガスと豚肉を使ったもっとも代表的な料理といえば、「アスパラの肉巻き」ですよね!薄切りのお肉でも十分満足できるほどの食べ応えがあり、汁気がないため小さく作ればお弁当にも入れられる万能レシピです。

今回は、そんなアスパラの肉巻きについてまとめてみました!塩こしょうで味付けをするシンプルな基本レシピはもちろん、人気の肉巻きフライの作り方、さらには肉巻きアスパラのアレンジレシピまでご紹介します。

今日の献立に悩んだら、ぜひ作ってみてくださいね♪

アスパラの肉巻きの基本レシピ

材料(2〜3人分)

・アスパラガス  6本
・薄切り豚肉   6枚(約150g)
・塩       少々
・こしょう    少々
・小麦粉     適量
・サラダ油    大さじ1/2

※豚肉は、バラやロースなどお好みの部位を使ってください。薄切り牛肉でもOKです。

作り方

1. アスパラガスの根元から1cm部分を切り落とし、ピーラーで下半分の皮を剥きます。アスパラが長い場合は、半分に切っておきましょう。

2. 塩少々(分量外)を加えた熱湯で、アスパラガスを鮮やかな緑色になるまで2〜3分ほど茹で、取り出します。

3. 豚肉を広げて、塩こしょうをします。

4. 3に、2で茹でたアスパラガスを巻きつけていきます。全体が巻けるように、端から斜めに巻いていくと良いですよ。アスパラガスを半分に切った場合は、2本1組で巻いていきましょう。

5. 巻きつけた豚肉アスパラガスに薄く小麦粉をはたきます。

6. フライパンでサラダ油を中火で熱し、4の巻き終わりを下にして入れ、全体に焼き色がつくように転がしながら焼いて、完成です。

※フライパンで焼く方法をご紹介しましたが、できるなら魚焼きグリルで焼くのがおすすめ。かりっと香ばしく、余分な脂が落ちて食べやすく仕上がりますよ。

冷凍方法

アスパラの肉巻きを冷凍する場合は、手順4までおこなってからフリーザーバッグに入れて冷凍します。約2週間ほど保存可能ですよ。食べるときは、小麦粉はまぶさずにそのまま焼いていただきましょう。

アスパラの肉巻きフライのレシピ

材料(2〜3人分)

・アスパラガス  6本
・薄切り豚肉   6枚(約150g)
・塩       少々
・こしょう    少々
・小麦粉     適量
・溶き卵     1個分
・パン粉     適量
・揚げ油     適量

※豚肉は、バラやロースなどお好みの部位を使ってください。薄切り牛肉でもOKです。

作り方

※手順4までは、基本レシピと同じです。
1. アスパラガスの根元から1cm部分を切り落とし、ピーラーで下半分の皮を剥きます。アスパラが長い場合は、半分に切っておきましょう。

2. 塩少々(分量外)を加えた熱湯で、アスパラガスを鮮やかな緑色になるまで2〜3分ほど茹で、取り出します。

3. 豚肉を広げて、塩こしょうをします。

4. 3に、2で茹でたアスパラガスを巻きつけていきます。全体が巻けるように、端から斜めに巻いていくと良いですよ。アスパラガスを半分に切った場合は、2本1組で巻いていきましょう。

5. 4を小麦粉→溶き卵→パン粉の順にくぐらせて衣をつけます。

6. 170℃に熱した油で5を揚げ、こんがりときつね色になったら完成です。

【味付け】肉巻きアスパラの人気レシピ5選

1. レモンでさっぱり肉巻き

お肉の脂がすこしくどいなと感じる方は、レモンを使ってさっぱりと仕上げましょう。ごま油で焼いているので、旨みはしっかりと感じられますよ。おかずにはもちろんですが、おつまみにもぴったりです◎

特集

SPECIAL CONTENTS