ローディング中

Loading...

様々な料理に大活躍するアスパラですが、適切な茹で時間をご存じですか。きちんと下ごしらえをすれば、驚くほど早く、かつ簡単にアスパラが茹であがってしまうのです。鍋やフライパン、レンジを使ったアスパラの茹で時間についてお伝えします。

アスパラのおいしい茹で時間は?

子どもも大人も大好きなアスパラ。皆さんはおいしく調理できていますか?十分な時間茹でているはずなのに筋が残って固いなと感じた方もいるのではないでしょうか。

アスパラは、ポイントを押さえて下ごしらえするだけで簡単に美味しく茹られるのです。茹で時間も実は短くてOK!茹でるのさえ面倒という方でも大丈夫!電子レンジだけでも柔らかいアスパラが作れてしまいますよ。

茹でる前の下ごしらえ

アスパラをやわらかくおいしく茹でるには、事前の下ごしらえがとても重要です。コツさえつかめば誰でも簡単にできてしまうので、ぜひ実践してみてくださいね。

まず最初に、根元部分(硬い部分)を折りましょう。やり方は、アスパラの根元側の先端を右手でつかみ、アスパラの中央近辺を左手でつかんでください。そして右手を曲げれば、硬い部分が自然に折れます。

そのアスパラをまな板の上に置いて、ピーラーなどで根元側の皮を薄くむき取ります。こうすることで筋っぽさが取れて、イヤな食感がなくなります。

切り落とした部分は、刻んで味噌汁の具などに利用してくださいね。

アスパラの茹で時間

アスパラの茹で時間、実はとっても短いって知っていました?見た目だけでは茹で上がりが分からないため、気が付くと結構長い時間茹でてしまっていたという方も多いのではないでしょうか。

通常のアスパラだと1分30秒ほど、太めのものでも2分ほどが茹で時間の目安なのです。これだけで本当に柔らかくなるの?と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、下ごしらえがちゃんとできていれば大丈夫ですよ。

塩分濃度は1%

茹でる熱湯の塩分濃度は1%がおすすめです。1Lのお湯で茹でるときは、10gの塩を加えましょう。アスパラガスやサヤインゲン、インゲンマメといった野菜を茹でるときの塩の量は案外重要なのです。

冷凍保存用は短めに

アスパラを茹でてから冷凍保存する場合は、固さが残る程度に短時間で茹でましょう。30秒ほど茹でてからあら熱を取り、保存用ポリ袋に入れて冷凍庫で保存します。凍ったままソテーや炒め物、シチューなどに使えてとっても便利ですよ。
▼アスパラの正しい保存方法も覚えましょう!

鍋で茹でる方法

下ごしらえの仕方と茹で時間がわかったところで、次は茹で方を勉強しましょう。
アスパラ(一束)、水(1リットル)、塩(小さじ2)を用意します。鍋に水を入れて沸騰させたら塩を加え、アスパラの根元部分を数センチ残して10秒ほどお湯に入れます。その後、残り部分全体も鍋に入れ、40秒ほど茹でたら鍋から取り出してください。

このとき、空気だけで自然と冷ませば、アスパラ独特の魅力的な香りをキープできます。

フライパンを使って茹でる方法

次はフライパンを使って茹でる方法です。フライパンを使えば少量の水で済み、節水にもなるため良いですね。
アスパラ、水(大さじ2~3)、塩(適量)を用意します。アスパラは半分に切っておきます。水を加えたフライパンの中央に、アスパラの根元部分を入れ、沸騰したら火を弱めて全体を入れてください。塩をフライパン全体に振って蓋をし、中火で1分ほど加熱。フライパンに水滴がほとんど残ってない状態になればできあがりです。

電子レンジで加熱する方法

鍋もフライパンすらも面倒!という方には、電子レンジでの調理をおすすめします。洗い物も最小限で済み、忙しい方におすすめです。
アスパラのほか、耐熱皿とラップを用意します。先述した方法で下ごしらえを済ませたら、耐熱皿に並べ、ラップで包んでください。このとき、アスパラについている水分は拭き取らないようにしましょう。そのまま電子レンジで40秒前後加熱したら完成です。加熱時間は、アスパラの質や太さ、好みで調整しましょう。
▼アスパラのおいしいアレンジレシピもおすすめ!

ホワイトアスパラガスの茹で方

グリーンアスパラガスよりも皮がかたく、繊細で豊かな風味を持つホワイトアスパラガスは、これまで紹介してきた茹で方だと本来のおいしさが引き出せません。といっても、ポイントをおさえて茹でれば簡単においしく食べることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

少し長めの5分が目安

根元を1cmほど切り落とし、穂先の下から皮を厚めに剥きましょう。沸騰したお湯に、ホワイトアスパラの下半分を3分ほど茹でます。その後、穂先まで全てお湯に入れ、さらに5分ほど茹でれば完成です。

アスパラの太さや鮮度によって茹で時間は調整してくださいね。新鮮なホワイトアスパラは苦味が少ないので短時間でもおいしく出来上がります。

レモン汁を加えて茹でる

茹でるお湯にレモン汁を加えると、ホワイトアスパラの白みがきれいに出るのでおすすめです。

茹で時間を覚えておいしいアスパラを!

下ごしらえの仕方と茹で時間さえ守れば、やわらかくおいしいアスパラガスが自分で作れてしまうことがわかりましたね。これで、アスパラが固くて悩むことも、もうありません。

アスパラベーコン、アスパラパスタ、アスパラの天ぷらなど、みんな大好きな料理がさらに美味しくできてしまいますよ。早速今晩のおかずに、アスパラ料理を一品加えてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし

甘くておいしい茹でとうもろこし。みなさんはどのように茹でていますか?今回は、みずみずしくジューシーにする、とうもろこしの茹で方をご紹介。塩や水の量、茹で時間や茹でる際に皮はどうするかなど。とうもろこしのおいし…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

レシピ まとめ

前菜の人気メニュー「バーニャカウダ」。根菜やきのこ類など手軽に楽しめますよね。つける野菜に限らず、いろんなソースを作ればマンネリ化することもありません。今回はバーニャカウダの簡単レシピを15選紹介したいと思い…

サラダ まとめ

いろいろな野菜をソースにつけて食べる「バーニャカウダ」。夏も冬も楽しめる、手軽なサイドメニューです。今回は、材料4つでできる基本ソースの作り方から、簡単アレンジソースを7選紹介します。ちょっと風味を変えれば飽…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 おしゃれ レシピ まとめ

オシャレな食べ物の代表ともいえるディップ。パスタソースに始め、料理に使ってもよし、野菜スティックやクラッカーにつけてもよしのディップですが、お豆腐のディップならお家で簡単に出来ちゃいます。しかもヘルシーで美味…

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

レシピ まとめ サラダ

キャロットラペとはニンジンを千切りにしたサラダのことです。サラダバーやビュッフェでよく見かけますが、おうちで作る機会は少ないという人も多いかも知れませんね。でも実はアレンジ力抜群の優秀な子なんですよ♪

離乳食 レシピ まとめ

赤ちゃんの中には食べ物を飲み込むことが苦手な子もいます。そんな時には「とろみ離乳食」がおすすめ。とろみをつけることで飲み込みを手助けし、食べやすくしてくれるそうです。今回は、赤ちゃんが食べやすくなるとろみ離乳…

レシピ まとめ キャベツ

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

お菓子 レシピ

定番の駄菓子のひとつ、『モロッコヨーグル』を覚えていますか?誰しもが一度口にしていながら、作り方や材料を知る人は少ないという謎の多いお菓子です。今回はそんなモロッコヨーグルの名前の由来や作り方など、正体に迫ろ…

三軒茶屋 焼き鳥 まとめ 東京 居酒屋

三軒茶屋といえば、都心へのアクセスもよく、レトロさと新しさが混在しているセンスのよい街として知られています。「住みたい街ランキング」でも常に上位の座を獲得していますね。今回は、そんな三軒茶屋エリアのおすすめ焼…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る