ローディング中

Loading...

連載:一杯のお茶を、もっとたのしく

暑い季節はアイスティーを楽しみましょう!喉ごしがよく、おいしいアイスティーは見た目も涼しげで夏にピッタリ。ちょっとしたコツをマスターすれば、濁りのない美しいアイスティーが作れます。華やかなアレンジティーの作り方もあわせて紹介します。

おうちで簡単「アイスティー」のすすめ

前回は、「今日からできる!おいしい紅茶の淹れ方、ティーバッグ編」をご紹介しました。今日はその応用で、おいしいアイスティーの作り方を紹介します!

さわやかに喉を潤してくれるアイスティーは暑くなるこれからの季節にぴったりですよ。簡単に作れるので、ぜひマスターしてくださいね。

まだ新しい、アイスティーの歴史

紅茶の歴史のなかでも、アイスティーが生まれたのはごく最近のこと。100年ちょっと前に、暑さがきっかけで偶然に生まれた飲み物なんですよ。

1904年、アメリカのミズリー州セントルイスで開かれた博覧会の会場に、インド紅茶宣伝館が設けられました。しかし、夏の暑い時期で気温が30℃を超え、湿度も高かったため、温かい紅茶は全く人気がありませんでした。

ティープロパガンダボードから派遣されていたイギリス人責任者リチャード・プレジントンが、半ばヤケ気味になって、大きなグラスに氷を砕いて入れ、熱い紅茶を氷の上から注いで提供してみたところ、独特の味とさっぱりとした喉ごしに人々は大喜びしたそうです。

暑さに参っていた来場者は競うようにその冷たい紅茶を求め、あっという間に、大人気になってしまいました。

それがきっかけとなり、アイスティーは夏・冬を問わずアメリカに定着して人々に愛される飲み物となっていきます。

アイスティーの作り方バリエーション

日本やアメリカで大人気のアイスティーですが、作り方には、いくつかの方法があります。
それぞれの特徴を知って、あなたのやりやすいやり方で作ってみてくださいね。

オンザロックス方式

氷をグラスにたっぷりと入れて、氷の上から2倍の濃さのホットティーを注ぎ、一気に冷やす方法です。紅茶の香りや味がぎゅっと閉じ込められるのが特長。

ダブル・クーリング方式

2倍の濃さのホットティーを、氷を入れた茶漉しを通して、氷を入れた別の容器に注ぎ、手早くかき回します。茶液が冷えたら、茶漉しなどを使って容器の氷を取り除きます。大量に作って冷蔵庫で冷やしておけば、いつでも好きな時に飲めます。

水差し方式

1リットルの水差し(ピッチャー)などにティーバッグを3〜4つ入れ、熱湯を3分の1程度注ぎ、2〜3分蒸らします。ティーバッグを取り除き、水を加えて1リットルにし、熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。手軽に作れて、いつでも飲めるので便利です。

水出し方式

1リットルの水差し(ピッチャー)などにティーバッグを3〜4個入れ、1リットル分の水を注ぎ、一晩ほど置いて出来上がり。水出し専用のティーバッグを使用するのをおすすめしますが、そうでない場合は、早めに飲み切りましょう。

電子レンジ方式

耐熱ガラスのサーバー(ポット)に少量の水とティーバッグを入れ、電子レンジで30秒〜1分加熱します。ティーバッグを取り出して、水で薄めて氷を足したら出来上がりです。とても簡単ですが、サーバーが熱くなっていますので、火傷しないように注意しましょう。

アイスティーを作るときのポイント

続いて、見た目がクリアな美しいアイスティーを作るためのちょっとしたコツを紹介します。

アイスティーが濁る原因は?

アイスティーをいれた後に茶液が濁ってしまったことはありませんか?

紅茶液の温度が下がるにつれ、紅茶の主成分であるタンニンと、カフェインの複合物が、紅茶液の中に溶け込んでいられなくなり、凝固してしまいます。
これを肉眼で見ると、白く濁って見えるのです。この現象を「クリームダウン」あるいは「ミルクダウン」といいます。

クリームダウンが起きてしまうと、アイスティーはおいしそうに見えません。

《一杯のお茶を、もっとたのしく》の記事一覧

連載記事

ダイエットの王道!「生姜紅茶」の効果をグンと高めるコツ

しょうが

生姜を使ったアレンジティーは、おいしいというだけでなくダイエット効果も期待出来る組み合わせ!でも、ただ紅茶に生姜を入れれば良いのかというとそうでもないのです。せっかく飲むのだったら、目的にあった効果を最大限発…

連載記事

至福のひととき!自作「スパイスティー」をおいしく淹れるコツ

スパイスティーと聞いてまず思い浮かぶのは「クリスマスティー」ですが、クリスマスシーズン以外にも飲みたいと思わせてくれる魅力がたくさんあるんですよ。自作のスパイスティーを一度淹れたら、その香りと味がくれる温かさ…

連載記事

飲むだけで!?「ラズベリーリーフティー」は女性の悩みに抜群の効果があるらしい

フランス語では、フランボワーズと呼ばれ、ジャムやソースに使われているラズベリーリーフは、古代ギリシャ神話では「神の白いフルーツ」といわれています。ヨーロッパで古くから「安産のハーブ」として、出産を控えた妊婦さ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

冷凍卵を使ったレシピ7選。もちもちクリーミーな新食感!

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょっと便利なアレンジレ…

お米にマッチする美味しい『和のおかず』 - 白ご飯.comレシピ「8」選*

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

お弁当のおかずにぴったり!ソーセージを使ったお手軽レシピ【7選】

お弁当 レシピ ソーセージ おつまみ まとめ

お弁当のおかずとしてお馴染みの“ソーセージ”は、子供も大好きな食材の一つですよね。アレンジも利かせやすく、手軽に料理に取り入れられる嬉しいアイテム♪今回は、お弁当にもう一品プラスしたい時にもお勧めな、簡単なレ…

朝食の参考にしたい!utoshさんが作るパンを使ったアイデアメニューまとめ

パン レシピ まとめ

instagram(インスタグラム)ユーザー「utosh」さんが作るパンを使ったメニューをまとめました。朝は「パン派」という人は必見!忙しい毎日でも、たまにはゆっくりした朝食を味わってみませんか?皆さんも参考…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

簡単!冷凍たこ焼きをもっとおいしく食べるためのレシピまとめ

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

炒め物からサラダまで!豆苗を使った簡単で栄養満点のレシピ25選

レシピ まとめ

シャキシャキ食感で人気の豆苗。炒め物やサラダなど、色々なレシピで活用することができます。簡単で人気のレシピを集めていますので、ぜひ日々の料理に取り入れてみてくださいね。実は栄養価も高く、もちろんカロリーも低い…

匂い成分に衝撃事実!パクチーの和名が「カメムシ草」に納得の理由

パクチー

パクチー人気が高まる日本。ただ、独特のニオイのため苦手という人もいますね。その理由はカメムシのニオイがするから……と言う人も。実は、パクチーの和名にもカメムシが関係していました。パクチーとカメムシの関係につい…

紅茶のみかまる

さいたま市浦和で、小さな紅茶とハーブの教室Lunarbow(るなぼ...

http://ameblo.jp/micamarche

ページTOPに戻る