イギリスの定番スイーツ「サマープディング」基本の作り方とアレンジレシピ

ブルーベリーやイチゴなどのベリー類とパンを使った、イギリスでは夏に食べる定番スイーツ「サマープディング」。簡単にできておいしいので、おもてなしにもおすすめです。基本の作り方とアレンジレシピをご紹介します。

「サマープディング」って?

「サマープディング(Summer Pudding)」は文字通り"夏のデザート"。イギリスの人にとって定番のスイーツですが、ベリー類をふんだんに使った、甘酸っぱさがたまらない真っ赤な色が印象的なお菓子なんです。

どうしてこのスイーツができあがったかといいますと、もともとは、バターをたっぷり入れた通常のプディングだと食べられない高齢者や病気の人が、安心して食べられるように作られたんだとか。そのうち、誰が食べてもおいしいということで広まっていき、人気のデザートへと成長していったそう。

では、そんな「サマープディング」の基本の作り方と、アレンジレシピをいくつか紹介しましょう。

「サマープディング」基本のレシピ

いちご以外のベリー類(ラズベリー・ブラックベリーなど)は洗って、グラニュー糖と水といっしょに火にかけ、果汁が出てきたらいちごを加えて、さらに2分ほど煮ます。ザルやふるいで果汁をこし、砂糖を加えて甘さを調整してシロップを作ります。

食パンの耳は切り、底にする部分1枚は器の底に収まるように角をカットします。4枚は台形で2等分し、2枚は三角形に2等分します。器にはラップをひいておきます。

シロップにパンはそれぞれひたし、器の中に並べます。台形に切ったものは側面にたてに並べましょう。ベリーをまん中に詰め込んだらギュッと押し込んで三角形のパンで最後にふたをし、果汁を流し入れてラップにつつみます。上にお皿などを置いて重しにし、6時間ほど冷蔵庫で冷やします。6時間経ったらさかさまにして型抜きし、トッピングに残っているベリー類やクリームをのせて完成です。
コツは新しいパンより古いパンを使うこと!そのほうがよく味がしみこんでくれるんですって。
▼食パンの切り方や詰め方など、文章だけではわかりづらいかと思いますので、動画をぜひ参考にしてください。
英語ですが、手順は上で説明したものとほぼ一緒ですので参考にどうぞ。

アレンジレシピをご紹介

1. ミニエンゼルケーキを使って

エンゼルケーキは「シフォンケーキ」の祖先ともいわれるもの。市販のミニエンゼルケーキを半分にカットして、基本のレシピでも作ったシロップにひたし、フルーツといっしょに金型に入れ、上下をエンゼルケーキでサンドし、ラップをしたら冷凍庫に15分、その後冷蔵庫で1時間45分冷やします。

付け合わせにはミントの葉とホイップクリームはいかが?小さい型に入れると食べやすくかわいらしいですね。エンゼルケーキが見つけられなかったら、小さいパンやカップケーキを代用してもいいかも。

2. ベリー風味を堪能

鍋にブラックベリー・ブルーベリー・ラズベリー・いちご・さくらんぼ・砂糖を入れて、ときどきかき混ぜて30分そのままにしてから、水を追加して中弱火でベリー類がとろっとしだすまで煮込みます。火からおろしたらオレンジジュースを加え、20分冷まします。

スフレ皿を用意し、ラップをひきます。その上にベリーのミックスしたものを広げ、フィンガービスケットをのせ、またベリーのミックスをのせて、材料がなくなるまで同様に繰り返しましょう。

ゆるくラップでつつみ、その上にお皿を置き、さらに缶やお皿などの重いものを置きます。12時間冷蔵庫で冷やしてめしあがれ。

おわりに

イギリスの人は、夏も終わりに近づく8~9月になると家族でブラックベリーを森に摘みに行き、サマープディングを作って、ゆく夏を惜しむというのが、ひと昔前の楽しみ方だったんだとか。イギリス人が、はじめて作り方を習うデザートもこのサマープディングなんですって。安くできるので、もっぱら家で作るものだったようですが、現在では夏季限定でパブでも食べられるようですよ。

食パンを器に合うようにカットして、すきまができないように上手にしきつめる作業も楽しそうですね。あなたも、ぜひイギリス流の夏の過ごし方を取り入れてみては?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう