オレオを120%楽しめる!おすすめの食べ方&レシピ10選

今回は、オレオの食べ方やアレンジレシピをご紹介します。上下に分けて食べたり、牛乳に浸して食べたりと楽しみ方は自由自在!簡単にできるものからちょっと手の込んだアレンジレシピまで、さまざまな種類をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

食べ方無限!オレオをもっと楽しもう!

日本ではもちろん、世界中で愛されているクッキー「オレオ」。その誕生はアメリカで、発売以来、アメリカで最も売れているクッキーともいわれています。

そんな「オレオ」はCMでも紹介されているように、さまざまな食べ方やレシピがありますよね。今回はオレオを120%楽しめる食べ方&アレンジレシピをご紹介します!これを見たらきっとオレオが食べたくなるはず♩

王道なオレオの食べ方3選

オレオのCMや公式のホームページで紹介されている、代表的な食べ方3つをご紹介します。オレオ以外の食材は必要ないので、とっても手軽にトライできますよ。

1.上下をひねってクッキーを別々に食べる

1.上下をひねってクッキーを別々に食べる

Photo by Shutterstock

2枚に重なっているオレオをひねって、クリームが付いている部分とクリームがついてないビスケットのみの部分に分ける食べ方。クリームの付いていない、ビスケットそのものの味はビターチョコレート味なので、そのまま丸ごと食べるオレオとは全く違う、大人な味わいが楽しめますよ。

2.クリームをすくって食べる

クリームをすくったオレオ

Photo by macaroni

次の食べ方は、重なってるオレオを別々にわけ、クリームがついていないほうのビスケットを、クリーム付ける食べ方。甘みの強いクリームを調節しながら食べられるのが魅力ですね。

また2枚重なったオレオ分けてたべるので、全体の量は変わらないのにそのまま食べるよりも口に運ぶ回数が多くなり、満足感も増しますよ♩

3.牛乳に浸して食べる

3.牛乳に浸して食べる

Photo by Shutterstock

牛乳にオレオをちょこっとつけて食べるのも、王道の食べ方のひとつですよね。牛乳に浸した部分のビスケットが少しふやけて、やわらかい食感も一緒に楽しむことができます。冷たい牛乳を浸せば、まるでスイーツのようなミルキーな味わいに。漬け時間を調節して、お好きなやわらかさでめしあがれ♩

こちらは「the dipr」というオレオを浸すためためだけに開発されたアイテム。これを使えば手を汚さずに牛乳を浸すことができますし、広範囲を漬けられますよ。アメリカでは、意外にもギフト用で人気があるそうです。

ちょい足しで楽しむオレオの食べ方3選

1.アイスクリームにイン!

1.アイスクリームにイン!

Photo by Shutterstock

バニラアイスクリームに砕いたオレオを入れて、よく混ぜたら完成!某チェーン店の定番デザートメニューにもあるほどの王道コンビです。ひんやり滑らか食感とザクザク食感が同時に楽しめるひと品ですよ。
オレオを手で割って、マシュマロと一緒に食パンの上にトッピング。トーストしてはちみつをふりかければできあがり!ザクッとした食感とマシュマロの甘さ、はちみつのコクが合わさった濃厚なスイーツパン。材料があればお子様と一緒にできますね♪

3.ボリュームたっぷり!オレオフライ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう