ライター : kanagon

お菓子作りとお料理が得意です。 趣味はスイーツ屋さん巡りや食べ歩きに国内旅行。

毎日のお弁当作りは大変……

小さなお子さまを持つママはもちろん、旦那さまや自分のために毎日お弁当を作っているみなさん。朝早く起きて、決められた時間内でせっせとお弁当を作るのは大変ですよね。 冷めてもおいしく食べられるものを入れたり、腐らせないようにするための工夫など……小さいお弁当箱には、きっとたくさんの想いが込められているはず。
そんな、毎日がんばってお弁当を作っているみなさんに、少しでも楽になって欲しいという思いからオススメしたいのが、「タッバー弁当」です。

お弁当箱は、もういらない!

タッパー弁当とは名前のとおり、タッパー(プラスチック製保存容器)をお弁当箱代わりにすること。みなさんの家にもひとつはあるのではないでしょうか? タッパーは100円ショップなどでも購入することができますが、もっとも有名なものが『ジップロック』という名前で発売されていることから、「ジップロック弁当」とも呼ばれています。 そんな誰もが知っているタッパーは通常の容器に比べて密閉性にすぐれているものが多く、汁気のあるものを入れても漏れる心配がないため、じつはお弁当箱にピッタリなんですよ! 今回は、そんなタッパー弁当の魅力についてたっぷりとご紹介したいと思います。

シンプルだからこそおしゃれに

お弁当箱にある仕切りって、ごはんとおかずを分けたいときには便利ですが、なかなか決められた範囲内におかずが入らなかったり減らすとすきまができてしまったり……と、すこし不便に感じたことはありませんか? タッパー弁当なら、そんなお悩みを解決してくれます! 自由にごはんやおかずを盛りつけられるので、すきまを気にせずに好きなものを好きなだけ詰められますよ。

小さいタッパーで分けることも

また、小さいサイズのタッパーを用意すれば、お弁当の内容によってタッパーを分けることもできます。水分がでてしまうサラダも、これならごはんに染み込んでしまうおそれがありません。 ランチにサラダをしっかりと食べられるし、分けてあるので温めたいものだけ温ることもできますよ。食べ終わったあとは、タッパーを重ねればかさばらないのも嬉しいですね。

丼、パスタ、サンド……なんでもこい!

仕切りがないということは、丼でもパスタでもなんでも入れられること。このようなお弁当なら、おかずいらずで作るのも簡単です。電子レンジでそのまま温めることができるのも、タッパー弁当ならではの嬉しいポイントですね。

パスタのときはすこし固めで

パスタをタッパー弁当に詰めるときは、軽く茹でたものを入れましょう。ランチで食べるときに電子レンジで温めれば、ちょうどいい食感のパスタを食べることができますよ。いつもより短い時間で調理するので、忙しい朝にはむしろありがたいですよね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS