かさばるタッパーのスッキリ収納術!上手な保存容器のしまい方

冷蔵庫の中をキレイに整理するためのタッパー。でも使っていない時のタッパーで「収納棚が狭くなった」「ごちゃごちゃしてる」なんてことありませんか?今回はタッパーや保存容器の上手な収納方法について、おすすめの例をあげながら詳しくご紹介します。

タッパー・保存容器の上手な収納術

あまったごはんや、作り置きのおかずを保存するのに便利なタッパーは、たくさん持っているととっても便利ですが、かさばりがちなのが悩みですよね。きちんと整理された収納棚にはどんなポイントが隠されているのか、ご紹介していきます。

同ブランドで揃える

タッパーをはじめ、フードコンテナはさまざまブランドから出ていますが、収納のことを考えると同じブランドで買い揃えるのがおすすめです。違うサイズでも幅が同じものがあったり、フタが同じカラーだったりと、収納時でも統一感が出てきれいに見えます。

重ねられるタイプを選ぶ

タッパーなどのフードコンテナは食材を保存する容器なので、深さや大きさがあるもの。そのままフタをした状態で収納するのはスペースの無駄遣いにつながります。フタが取れるタイプのコンテナは、使わない時それぞれを重ねて収納しておけば省スペースに収まりますね。

不要なものは捨てる

きれいに収納しようと思うと、形が不揃いのものであったり、テイストの違うもの、あまりにもカラーが違うものはじゃまになってしまうことも。不要なものは捨ててしまって、思い切って新調するのもいいですね♪

タッパー・保存容器の吊り戸棚収納

取っ手付きカゴで取り出しやすく

吊り戸棚の収納力はたっぷりあるので、かさばりがちなタッパーの収納にも最適。高い場所の収納は取り出す時の落下が心配ですが、プラ製のフードコンテナは軽いのでもしもの時も安心。かごに取っ手がついていれば取り出す時もらくらくです。

フタをトレイにして

カゴだと目隠しにならないし、タッパー以外の細かいものが落ちてしまう……と考えるあなたには、フタつきのボックスがおすすめ。フタをボックスの下に敷くことで、フタを引っ張れば取り出すことができるようになります♪

ファイルボックスのひっかけ穴を利用

見せない収納ではファイルボックスを利用するのもおすすめです。何が入っているのかテプラなどで分かりやすく記しておけばもっと便利に。ファイルボックスには指をかけるひっかけ穴があるので、取り出す時にも利用できます。

ナンバリングするのがポイント

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう