ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

タッパー・保存容器の上手な収納術

余ったごはんや作り置きのおかずを保存するのに便利なタッパー、フードコンテナなどの保存容器。たくさん持っているととっても便利ですが、かさばりがちなのが悩みですよね。きちんと整理された収納棚にはどんなポイントが隠されているのか、ご紹介していきます。

同ブランドで揃える

タッパーをはじめ、フードコンテナはさまざまブランドから出ていますが、収納のことを考えると同じブランドで買い揃えるのがおすすめです。違うサイズでも幅が同じものがあったり、フタが同じカラーだったりと、収納時でも統一感が出てきれいに見えます。

重ねられるタイプを選ぶ

タッパーなどのフードコンテナは食材を保存する容器なので、深さや大きさがあるもの。そのままフタをした状態で収納するのはスペースの無駄遣いにつながります。フタが取れるタイプのコンテナは、使わない時それぞれを重ねて収納しておけば省スペースに収まりますね。

不要なものは捨てる

きれいに収納しようと思うと、形が不揃いのものであったり、テイストの違うもの、あまりにもカラーが違うものはじゃまになってしまうことも。不要なものは捨ててしまって、思い切って新調するのもいいですね♪

タッパー・保存容器の吊り戸棚収納

取っ手付きカゴで取り出しやすく

吊り戸棚の収納力はたっぷりあるので、かさばりがちなタッパーの収納にも最適。高い場所の収納は取り出す時の落下が心配ですが、プラ製のフードコンテナは軽いのでもしもの時も安心。かごに取っ手がついていれば取り出す時もらくらくです。

フタをトレイにして

カゴだと目隠しにならないし、タッパー以外の細かいものが落ちてしまう……と考えるあなたには、フタつきのボックスがおすすめ。フタをボックスの下に敷くことで、フタを引っ張れば取り出すことができるようになります♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS