ライター : kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか……。 モノも食も、ちょっと癖のある方へ近寄りたがり。

こんなにあった!ちょっと珍しいベーグルたち

みなさんが好きなベーグルはどんなフレーバーでしょう?チョコやナッツが入ったスイーツ系や、クリームチーズなどをこんもり挟んだニューヨークスタイルのサンドイッチタイプも最近ではよく見かけるようになりましたよね。街のベーグル屋さんに行けば、どれにしようか迷うほどその種類は豊富です。 しかしご近所の街のベーグル屋さんでは飽き足らず、もっといろんな種類のベーグルを食べるにはどうしたら?と調べてみると、そこにはさらに魅力的なラインナップをたくさん見つけることができました。ネット通販を利用すれば、みなさんも今まで食べたことのないベーグルを見つけることができるかもしれませんよ。 今日は、中でも気になったベーグル屋さんを7店ご紹介します。スタンダードなベーグルが定番の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 禅パン

「あんこベーグル」

国産小麦と自家製酵母、てんさい糖など、優しい素材を使用した「禅パン」のベーグル。なかでも気になるのは、生地の中にあんこをぎゅっと詰め込んだ名前もそのままな「あんこベーグル」。 ベーグルに塗るものといえばクリームチーズがイメージしやすいのですが、特有のモチモチ食感と和素材あんこのコラボレーションは、やっぱり気になるひとつです。
▼「禅パン」の商品が気になる方はこちらから

2. 心粋(しんすい)

「よもぎあんクリーム」

2店舗目は自由アイデアがメニューに存分に反映されたベーグル屋さん「心粋」。粋な発想に、驚かされる商品がいっぱいです。 その中でもひときわ異彩を感じたのが「よもぎあんクリーム」。一風変わったよもぎの生地のなかに甘いあんこと生クリームがサンドされています。
この他、心粋にはベーグル生地をソーセージにぐるぐるに巻きつけた「ベーグルドック」や、コトコト煮込んだ挽肉を、もっちり食感生地で包んだ「カレーベーグル」など、ありそうでなかった、食べてみたいベーグルがそろっています。 ベーグルのヘルシーなイメージから、健康的な組み合わせを思い浮かべがちな方は、心粋の商品にハッとさせられるものが多いかもしれませんよ。
▼「心粋」の商品が気になる方はこちらから

3. ヒグベーグル

「シナモンレーズン」

東京板橋区で店頭販売もしている「ヒグベーグル」は地元では人気のベーグル屋さんのようです。ベーグルだけではなく、スコーンやパウンドケーキも提供するヒグベーグルならではの、スイーツ系ベーグルが目立っています。 クリームやあんこがのった甘さが強いベーグルもいいのですが、シンプルな「シナモンレーズン」はいかがでしょうか。素材の味をしっかりと味わいたいという人におすすめです。

「ツナメルトベーグル」

スイーツ系ベーグルが目立つヒグベーグルですが、しっかりお食事系のベーグルもおさえています。まるでピザ?と思う見た目の「ツナメルトベーグル」は、その構造がとっても魅力的。 ベーグル生地の上に、チェダーチーズ、自家製ツナ、チェダーチーズの順に乗せ、ツナを両方のチーズがサンドした状態で焼き上げているそうです。したたる脂がベーグル生地に染み込む状態につくられているんですね。弾力のある食感生地と、とろけた2種の濃厚チーズを一気に口にほおりこみたい気持ちが高まるひと品ではないでしょうか。
▼「ヒグベーグル」の商品が気になる方はこちら

4. ケポベーグルズ

「黒豆もち」

ユニークな発想を形にした気になるメニューの多い「ケポベーグル」。なかでも和素材を使ったベーグルはその個性を強く感じます。その一つが、黒豆とベーグルを組み合わせた「黒豆もち」。様々な食材との掛け合わせが珍しくない黒豆ですが、ベーグルとの掛け合わせは珍しいのではないでしょうか。 ベーグル生地の中に黒豆がたっぷり入っています。ほっとする甘さにクセになるでしょう。
▼「ケポベーグル」の商品が気になる方はこちら
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS