飲んだ後こそ食べたい!シメまで絶品『ピカ子鍋』のレシピをチェック

家族でわいわいしながらでも、ひとり暮らしの簡単な夕飯にもぴったりな鍋。次々魅力的なメニューが出てきますが、今回おすすめしたいのはズバリ『ピカ子鍋』!しじみ、ニンニク、白菜、豚肉というシンプルな食材ながらも奥深い味わいにやみつきになるかも。

この冬おすすめの「ピカ子鍋」

寒い冬には、やっぱり鍋が食べたくなりますよね。野菜をたっぷりとれて身体も温まるので、何回食べても飽きません。パーティーや、みんなで集まったときに作る方も多いのではないでしょうか。

さらに魅力的なのは、そのレパートリーの豊富さ!最近はチーズフォンデュ鍋やコンポタージュ鍋など、ユニークなものも様々登場しています。

そんな数ある鍋のレシピの中でも、おすすめなのが「ピカ子鍋」。テレビ番組で紹介されて以来、話題沸騰中のお鍋なんです!

「ピカ子鍋」というネーミング

「ピカ子鍋」の作り方をご紹介する前に、そのネーミングが気になりませんか?

「ピカ子鍋」とは、セレブおネェとして注目を集めている本田ヒカルさんが、人気テレビ番組『ぷっすま』の番組企画である「オネエのお鍋選手権」に出演したときに紹介したものだそうです。本田ヒカルさんのニックネームである「ピカ子」という名前から、そのまま「ピカ子鍋」と名付けられました。

私生活から食にこだわり、味噌を手作りすることもあるというピカ子さんが考案した「ピカ子鍋」は、間違いないおいしさのはず!さっそく皆さんも作ってみましょう。

ピカ子鍋の作り方

鍋にしじみと水、昆布、ニンニクを入れてひと煮立ちさせます。そのあと切った白菜を敷き詰め、さらに煮ていきます。白菜に火が通ったら、お鍋自体は完成!
結構簡単にできてしまいましたね。
お鍋ができたら、豚肉をしゃぶしゃぶしながらどうぞ。トリュフ塩でいただくのが、ピカ子さん流なのだとか。豚肉はしゃぶしゃぶしなくても、最後白菜の上にのせて余熱で火を通してもいいようです。
水が少ないように思いますが、白菜から十分に水分が出てくるので問題なし!残ったスープにはしじみの旨味がたっぷりと詰まっているので、締めにラーメンを入れて堪能してみてください。
白菜と豚肉はトリュフ塩で食べてももちろんおいしいですが、アレンジとしてトリュフ塩にオリーブオイルと梅肉をつけて食べるとさらにおいしくいただくことができます。
梅でさっぱりとした風味を、オリーブオイルでさらに深いコクを実現させているんですね。一度試してみたいです。

実際に試した方の感想は……?

「ピカ子鍋」はTwitterやInstagramを中心にネット上で話題になっていて、
「ピカ子鍋のおかげか、こんなに寒い日なのに身体がポカポカしてる!しじみとニンニク、やりよるわ…!冷え性な女性の味方な鍋でありました」
「ピカ子鍋、オリーブオイル+岩塩も溶き卵+ポン酢もどっちもおいしかった」
「この間ぷっすまでやってたピカ子鍋やってみたけど本当に絶品だった…!シメのラーメンまで美味しい!」
などの感想がありました。
簡単に作ることができるのに、何度も食べたくなってしまうほど絶品とは……ひとり暮らしの方や、いつも忙しい主婦の味方ですね!

ピカ子鍋、試してみて♩

いかがでしたか?
この冬もっともおすすめしたい「ピカ子鍋」。材料さえ揃えば鍋に入れて煮立たせるだけなので、料理初心者の方でも簡単に作ることができますよ。
ぜひ一度、体の芯から温まる絶品イチオシ鍋を試してみてください!
▼他にもおいしい鍋レシピはこちら!

特集一覧

SPECIAL CONTENTS