「炭酸水」が決め手♩もちもちふんわりパンケーキの作り方

今回は、パンケーキ専門店で食べるようなもちもちのパンケーキを作るコツを紹介します。このパンケーキを作るときに必要なのが「炭酸水」。パンケーキに炭酸水を加えると、空気が入ってふわっと軽い食感に仕上がるのだそうですよ。

2018年9月28日 更新

もちもちふんわりパンケーキを作ろう♩

みなさんは、お店で味わえるようなもちもちふんわりパンケーキを家でも作りたいと思ったことはありませんか?しかし家だとやっぱりプロの味には到底敵わないと実感することも……。
そこで今回は、パンケーキ専門店で食べるようなもちもちのパンケーキを作るコツを紹介します。

もちもちふんわりの秘訣は……

もちもちふんわりパンケーキを作るときに必要なのが、なんと「炭酸水」。パンケーキに炭酸水を加えると、空気が入ってふわっと軽い食感に仕上がるんですよ。
カフェで出てくるような分厚いパンケーキを作ろうと思うと、なかなかうまくできないこともありますが、炭酸水を牛乳の代わりに使えばふんわりしっとり感が増します。

なぜ炭酸水がいいのか?

なぜパンケーキを作るとき牛乳の代わりに炭酸水を使うだけで、もちもちふんわりパンケーキになるのでしょうか?

それは、炭酸水に含まれる炭酸ガスが影響しています。この炭酸ガスのおかげで、加熱する際に二酸化炭素が生地の中で気泡となり、熱によって膨張されてふわふわに仕上がるのです。
牛乳に比べるとコクが劣る場合もあるため、バターを多めにいれたり、牛乳の分量を減らして炭酸水を少し混ぜるなどの工夫をするといいかもしれません。
ではさっそく、炭酸水で作るもちもちふんわりパンケーキのレシピをご紹介します。

炭酸水でつくるパンケーキの基本レシピ

作り方は、普通のパンケーキを作るときと何も変わりません!ただ変えるのは、牛乳の代わりに炭酸水を加えること。水分は炭彩水だけでOKなのですが、より美味しくしようと思ったらヨーグルトを加えるといいかもしれません。

メイプルシロップがかけられ、バターがトッピングされたタワーパンケーキ……子どもの頃に、誰もが一度は夢見ているはず。その夢が、炭酸水を使うことで現実のものになります。これは試してみるしかないでしょう。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう