自宅でできる!陳皮の作り方

実は、陳皮はみかんの皮があれば自宅でも作れるんですよ。時間と手間はかかりますが、みかんの栄養や効能をしっかりと取り入れたいなら、ぜひ一度チャレンジしてみてください!

手順

1. みかんの皮のワックス・農薬を落とします。農薬はみかんのおへそにたまりやすいので、その部分はカットし、水で数時間ひたしておきます。 2. ベランダなどの日があたる場所で、ざるやネットに入れて天日干しにします。寒いときは夜になったら取り込み、カラカラになるまで一週間ほど干せば完成。最初と比べると、ほんの2〜3割の量になります。干したあとは、刻んでおくと使いやすいですよ。 3. すぐに使わないなら、さらに干しましょう。数か月干せればベストです。 4. 薬味やお茶で使うときは、ミキサーで粉状にします。保存はガラス瓶に。湿気を吸いやすいので気を付けましょう。

お茶や入浴剤として使える

陳皮茶の作り方

急須に陳皮を小さじ1杯入れ、熱湯を300cc入れて4〜5分蒸します。カップに移し、甘みが足りなければはちみつを入れてみるのもおすすめです。そのほか、味噌汁や煮ものの風味づけにも陳皮は使えるので、粉状にしておけば何かと便利ですよ。

入浴剤としての使い方

陳皮をハサミで2cmほどにカットし、目の細かい洗濯ネットに入れてお湯を入れた浴槽に浮かべましょう。入浴剤として使う場合には、完全に乾いた皮でなくてもOKです。香りも、よくリラックス効果のある入浴剤として楽しめますよ。

みかんの皮の可能性は偉大!

陳皮(みかんの皮)には、さまざまな効果効能がありましたね。乾燥させればお料理にも使えますので、常備しておくと便利ですよ。みなさんも、みかんを食べたらぜひ皮まで活用しましょう!
【参考資料】
▼みかんの中身はどうやって食べよう?
▼栄養があるのは皮だけじゃない!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS