ショウガの力をさらにUP!「蒸し生姜」って知ってる?

ショウガは体をあたためる効果があるというのは有名ですが、生のままより蒸して乾燥した方が、効果がアップすると知っていましたか?決め手となる"ある成分"があったんです。免疫力アップや、漢方薬としても注目されるショウガの力を見直してみませんか?

蒸し生姜とは、ショウガの効果を引き出す調理法

ショウガは「体をあたためる効果」があるというので有名ですね。健康効果の高い食べ物でもありますが、生のまま食べるより、蒸す方が効果がアップするということを知っていましたか?

どうして蒸すと効果が高まるの?

ショウガを蒸して乾燥させると、"ショウガオール"という成分が倍増し、健康効果もより期待できます。生のショウガには、"ジンゲロール"という成分があり、指先や体の末端部分をあたためる効果がありますが、残念ながら体の芯となる部分を冷やすことがあるのです。

しかしジンゲロールは加熱・乾燥など水気をなくすと、ショウガオールという体を芯からあたためる別の成分に変わるのです。

蒸しショウガの効能とは?

・体を芯からあたためてくれる
・殺菌作用、アレルギー対策に効く
・免疫力アップ、ダイエット効果

体を芯からあたためることができるので、冷え性も改善され、代謝力・免疫力もアップ。代謝力が上がるということは当然ダイエットにも効果あるんです。
体によくダイエット効果も期待でき、冷え性の方は体質改善もできるという蒸しショウガ!そんな「蒸しショウガ」の作り方とは?

蒸し生姜の作り方

1. ショウガは、皮のままで繊維に沿って、厚さ1~2mmぐらいにスライスします。繊維に沿ってカットしないと、繊維質がけば立って食感も悪くなるので注意しましょう!ショウガのしま模様に注目して切ってくださいね。

2. 蒸し器で、クッキングシートか日本手ぬぐいなどをしいて、ショウガはできるだけ重ならないようにきれいに並べます。30分ほど蒸しましょう。蒸し器がなければフライパンでも作る事ができますよ。
3. 天日であれば1日、室内なら1週間、蒸したショウガを干します。乾燥するのに火が出る危険性があるので、電子レンジは使わないようにしましょう。

ショウガによって含んでいる水分量もちがいます。蒸しあがったと判断するポイントは「香り」。最初はレモンのような香りがしますが、少し甘いにおいに変化したら完成のサインです。

常温保存で3ヶ月も保存可能!

カラカラになるまで乾燥したら、ビニール袋やガラスの容器で保存します。3か月は保存可能ですから、一度にまとめて作っておくといいかもしれないですね。冷蔵庫に入れると風味が落ちますので、冷蔵庫には入れないで常温で保存してください。

蒸しショウガは1日2~3gが摂取量のめやすです。それ以上とると、刺激が強いので消化器官をいためてしまうこともあるので気をつけて。胸やけがする方は1gぐらいにしておきましょう。

生姜パウダーにすれば、使い勝手バツグン!

作った蒸し生姜は、ミキサーやフードプロセッサーで粉砕すれば、料理やドリンクに使いやすくなりますよ。
紅茶やコンブ茶、お湯にレモンと一緒に入れて飲んでもいいですし、お味噌汁にいれると、体がポカポカ温まるのでオススメです。

蒸し生姜を使ったレシピ3選

1. 生姜パウダーでほっこりポトフ

いつものポトフに生姜パウダーをたっぷり加えれば、芯から温まりますよ。土鍋で作れば、さらに保温効果が継続して最後まで温かく食べられそうですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう