卵が貴婦人のドレスのよう!「ドレス・ド・オムライス」の作り方

まるで貴婦人のドレスのような、美しい卵が特徴の「ドレス・ド・オムライス」の作り方をご存知でしょうか?中心がぐるりとひねってあるため、ちょっとむずかしそうですが、コツを掴むと意外と簡単なんです!あなたもおうちで試してみては?

2017年6月16日 更新

POINT1.「テフロン加工のフライパンを用意」

使い慣れたフライパンでも全然大丈夫かと思いますが、ぶきっちょさんはテフロン加工のフライパンが作りやすいかと思います♪
そして、フライパンの熱し方が弱いと卵がくっついてしまうので、最初は強火でフライパンを温めます。

温まったら、弱火で温度を一定に下げます。

point2.「バターや油は多めに」

弱火に温度を落としたフライパンに、バターor油をひきます。
この時のポイントでキレイなドレープを作るには、バターや油を多めに引きます。少しの量だと、やはり卵がくっついてしまう事に。

コツ的にはバターの方が、キレイに作りやすいかと思いますよ♪

point3.「キレイなドレープを作るなら片栗粉」

卵を混ぜたらお水で溶かした小さじ1程度の片栗粉を入れると、キレイなドレープが作りやすいのだそうです☆
卵を流しいれ、周りが少し固まって来たら菜箸を1本「外側から中心に向けて」入れていきます。ググッと中央まで引っ張って来たら、残りの1本も同じ要領で使います。
こんな感じで‥。

point4.「お箸を入れたらしばらく待つ」

お箸を入れたら少し固まるまで、しばらく待ちます。すぐ動かすと破れてしまうので7秒くらい待つのが良いそうです^^

いい具合に卵が固まって来たら、お箸をクルッと半周させましょう!
この時、卵が半熟ぐらいが丁度いい感じです。感覚としては、卵液がまだ少し残ってる感じが良いくらいだと思います^^
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ichika

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう