福島県民溺愛!郷土料理「味噌かんぷら」のレシピをチェック

人気テレビ番組『秘密のケンミンSHOW』で紹介された「味噌かんぷら」は福島県の郷土料理。レシピもとても簡単なため、作ってみる人が増えているんだそう。おかずとしてはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりなので、ご家族みんなで楽しめますよ。

福島の郷土料理「味噌かんぷら」

テレビ番組の秘密のケンミンSHOWで取り上げられた福島の郷土料理「味噌かんぷら」。この「かんぷら」とは一体なんなのでしょうか?これはじゃがいもを指す言葉で、福島の方言でじゃがいものことを「かんぷら」と呼ぶことから、そのまま料理名として使われ、今でもその名前が残っています。

福島の郷土料理「味噌かんぷら」はコロコロとした小玉のじゃがいもを味噌で味付けした料理。小さく切ったじゃがいもを、甘く味付けした味噌とのハーモニーが懐かしい味の料理なので、昔から多くの人に愛され、おやつがわりとしても食べられているのだとか。
じゃがいもは食料の調達が難しい時代に、お米の代用食としてよく食べられていたことが、この料理の誕生の背景にあるようです。そして、小さいじゃがいもや大きすぎるじゃがいもは、そのまま販売することができなかったので、その活用方法として「味噌かんぷら」が生まれたと言います。味噌の甘じょっぱい味つけがクセになるような、どこか懐かしい優しい味わいなのです。

味噌かんぷらのレシピ

<材料>
じゃがいも:1kg
砂糖:110g
味噌:110g
油:適量
①まず、じゃがいもを皮をつけたままよく洗ってから、少しかためにゆでる、もしくは蒸します。小さめのじゃがいもがない場合は、適当な大きさに切ってから使いましょう。
②じゃがいもを多めの油で炒めます。火を通して、串が通るほど柔らかくなったら、余分な油を捨てます。
③砂糖・味噌を加えて、よく味がしみるまで炒めながら煮ます。
④最後に青じそなどをお好みでトッピングして完成です。
優しい味わいなので、きっと子供たちに作ってあげれば喜ぶのではと思います。簡単にたくさん作れるので、覚えておくといつか役に立つ時がありそうです。じゃがいもと調味料だけで出来るのでリーズナブルなのも嬉しい!節約中にもおすすめです。学校の給食として出されるところもあるほど、福島県では親しまれている郷土料理なのです。
食べた人は「味噌かんぷらを大量に作ったけど美味しかった!皮むかなくていいとこがすごく好き」「味噌かんぷら、煮るだけだし超おいしいし。これお酒のおつまみにも抜群に合うからみんな絶対作ってみて!」「味噌かんぷらを昼に作ったのだけど、予想以上に美味しくて夜も食べたいと思ってる。簡単だし美味しいって最高だと思う。息子の食いつきもすごく良かったなぁ」などの感想がみられました。

味噌かんぷら、作ってみては?

以前は知らなかった人も、テレビ番組の秘密のケンミンSHOWを見た影響で作ってみている人も多いようです。福島県の郷土料理「味噌かんぷら」は、小さめのじゃがいもを炒めて揚げるだけでOK。そのままお好みで、味噌や砂糖で味付けするだけで、食べ応えも抜群なのです。

その簡単なレシピも魅力的ですよね。皆さんもぜひ「味噌かんぷら」の味を堪能してみてください。懐かしい気分になれる上に、きっと一度味わえば、そのおいしさに驚くはずです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう