ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

フランス料理「アリゴ」の基本レシピ

フランスのオーブラック地方で、古くから食べられている「Aligot(アリゴ)」。マッシュポテトにチーズを混ぜて作る、粘り気の強い料理です。びよーんと伸びるその姿は、まるでお餅のようだと言われることもありますよ。アリゴのカロリーは、294kcal程度。作り方はとても簡単なので、ぜひ作ってみてください。(※1)

材料(4人分)

・じゃがいも……3個
・モッツァレラチーズ……100g
・とろけるチーズ……50g
・牛乳……60cc
・バター……20g
・にんにくすりおろし……小さじ1杯
・塩……少々
・こしょう……少々

下ごしらえ

・モッツァレラチーズを1cm角に切ります。
・じゃがいもの芽をとって、皮のままきれいに洗います。

作り方(調理時間:30分)

1. じゃがいもに包丁で一周切り込みを入れます。鍋にじゃがいもがかぶるくらいの水と塩ひとつまみ(分量外)を入れ、お湯が沸騰してからじゃがいもを入れて15分ゆでます。

2. ゆであがったらザルに上げ、キッチンペーパーで包んで切り込みの両端をつかむような要領で皮をむいていきましょう。

3. 2をボウルに入れてマッシャーで潰します。

4. 鍋にバターを入れて弱火にかけ、にんにくを入れて香りが出るまで加熱します。

5. 牛乳を加え、温まったらモッツァレラチーズ、とろけるチーズを入れて混ぜ合わせます。

6. 全体が馴染んだら、3、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで素早く混ぜ合わせます。器に盛って、お好みでパセリを散らしたら完成です。
【レシピ提供 macaroni】

手作りアリゴが伸びない原因と対処法

チーズの種類と量

アリゴに使用するのは、モッツァレラチーズが基本です。ほかのチーズだと伸びが弱いため、あまりおすすめできません。また、モッツァレラの量が少ないのも伸びにくい原因になります。まずは分量通りに作ってみて、調整は2回目以降がいいでしょう。

冷めてしまった

アリゴは冷めてしまうと、チーズが固まり伸びなくなってしまいます。お餅のような伸びを復活させるには、レンジで温め直してください。できたてと同じように、とろ〜りと伸びてくれますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ