もっちりとろ~り♩フランスのマッシュポテト「アリゴ」のレシピ

フランスの郷土料理「アリゴ(Aligot)」。マッシュポテトの一種なのですが、とーってもよく伸びるのが特徴なんです!それはまるで、お餅のよう。今回は、作り方やアレンジレシピを中心にご紹介していきます。簡単なので、ぜひ挑戦してみてくださいね◎

フランス料理「アリゴ」とは

フランスのオーブラック地方で、古くから食べられている「アリゴ(Aligot)」。マッシュポテトにチーズを混ぜて、粘り気を強くさせた料理です。びよーんと伸びて、その姿はまるでお餅のよう!

今回は、そんなアリゴの作り方やアレンジレシピなどをまとめてご紹介します。おうちでも簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね◎

フレンチマッシュポテト「アリゴ」の作り方

材料(作りやすい分量・6人分)

・じゃがいも     中5個
・無塩バター     45g
・にんにく      2片
・牛乳        200ml
・モッツァレラチーズ 200g
・塩         適宜
・コショウ      少々

作り方

1. じゃがいもの皮をむき、1cmほどの厚さにカットします。にんにくは、みじん切りにしておきましょう。
2. 鍋に1のじゃがいもと、じゃがいもが浸るくらいの水を加え、塩をすこし振って強火で加熱し、沸騰させます。
3. 火を弱め、じゃがいもが柔らかくなるまで15分ほど茹でます。
4. 茹でたじゃがいもと無塩バター、1のみじんぎりにんにく、塩をフードプロセッサーやミキサーに入れ、しっかりと攪拌させます。
5. 4に牛乳を追加し、さらに混ぜ合わせましょう。さらにとろみをつけたい場合は、100mlほど追加してください。
6. 5を鍋に移し、中火にかけます。
7. 6にモッツァレラチーズを少しずつ加え、加えるたびにしっかりとかき混ぜて溶かしてください。加熱してる間は、目を離さずに混ぜ続けるようにしましょう。
8. 塩コショウで味を調えて、完成です!オリゴは冷めると固まって伸びなくなってしまうので、食べる直前に温めるとまた伸びるようになりますよ。
▼こちらのレシピも参考に◎

アリゴの食べ方3選

1. チーズフォンデュのように食材をディップ

一般的なチーズフォンデュよりも粘性があり、しっかりと食材に絡んでくれるアリゴ。野菜スティックやバゲットをディップしていただけば、味わいをきちんと堪能できますよ。どんな具材をチョイスするかは、お好みでどうぞ◎
▼具材選びの参考に!

特集

SPECIAL CONTENTS