ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

ピタパンとは

ピタパンは、中が空洞になっている丸いパンで、別名「ポケットパン」とも呼ばれています。イタリア料理のひとつであるピザの起源とも言われており、古くから中東や北アフリカの方々に愛されているパンです。

半分に切ってからポケット部分にさまざまな具材を入れて食べることが多く、中身は多種多様。卵やハムだけでなく、ひよこ豆のペーストやケバブなどを入れてさまざまな楽しみ方ができます。手が汚れずに食べられるので、お弁当にぴったりですね♪

ピタパンの作り方

ピタパンの作り方はとても簡単。通常のパン作りのように、二次発酵をおこなう手間もないので作りやすいですよ。カロリーは1枚173kcal程度。朝ご飯やお弁当用に、気軽に取り入れてくださいね。(※1)

材料(8枚分)

・強力粉……150g ・薄力粉……100g ・ドライイースト……3g ・塩……小さじ1/3杯 ・砂糖……大さじ1/2杯 ・オリーブオイル……大さじ1杯 ・水……120cc ・強力粉(打ち粉)……適量

ピタパンをふっくらと上手に作るコツ

生地は丁寧に伸ばす

ピタパンは、生地に傷がついてしまうとうまく膨らみません。麺棒で伸ばすときは丁寧に、少しずつ伸ばしていきましょう。その際、生地を回しながら伸ばしていくと、より均等に伸ばすことができます。

生地がやわらかすぎたり、固すぎる場合は……

生地を練っているときやわらか過ぎると感じた場合は、少量強力粉(または中力粉)を足しましょう。一気に加えてしまうとダマになり、逆にパサついてしまうので注意してください。

反対に固すぎる場合は、水分が少ない証拠。ぬるま湯を少しずつ足して調整してください。このとき、小さじ1/2杯くらいの量で十分に足りることがあります。多過ぎると今度はゆるくなり成形がむずかしくなるので、少量ずつ加えることを心がけてくださいね。

編集部のおすすめ