野菜の王様「ケール」の栄養素と効能!効果的な食べ方は?【レシピ付】

青汁の材料として有名な「ケール」は、スーパーフードのひとつ。今回は、ケールに含まれている栄養素や効果効能、おすすめの食べ方をご紹介します。健康効果も美容効果も期待できるとあれば、摂取しない手はありませんね!

2019年4月3日 更新

ビタミンK

ビタミンKは、カルシウムを骨に沈着させる作用があり、骨を健康に保つためには欠かせない成分なんです。(※6)

ケール100gあたりには210μg含まれています。(※2)18歳以上の男女ともに、一日あたりの摂取目安量は150μgで、目安量以上に摂取しても心配はないとされていますよ。(※3,6)

ルテイン:目の健康維持

ルテインは、ケールのような緑黄色野菜や卵黄に多く含まれている栄養成分。目の網膜にある黄斑部に存在し、網膜を守る作用を担っています。また、ブルーライトなどの有害な光をブロックしたり、眼精疲労の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。(※7)

【美容】ケールの栄養素とその機能

食物繊維:便秘対策

ケールに含まれている食物繊維のほとんどは、不溶性。(※2)つまり、水に溶けにくい成分です。不溶性の食物繊維には、水分を吸収して便のかさを増やすことにより、腸内を刺激して便を排出しやすくする効果があります。(※8)

また、善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす作用も認められており、腸内環境を整えることにも役立ちますよ。(※8)
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう