ライター : okaya

インテリア大好きママライター

2児の子育て中のママライターです。インテリアや模様替え、生活小物が大好きで、子育て中でもおしゃれな空間を作りたいと日々奮闘中。映える料理やお皿、リラックスできるティータイムや…もっとみる

あんこは冷凍できる

和菓子やおしるこ、パンやアイスのトッピングにも使われるあんこ。じっくり煮た小豆に、砂糖を加えて作る、和の定番食材ですよね。手間をかけて作らなくても、缶詰・レトルトパック・瓶でも販売しているので、簡単に手に入ります。

保存方法は、冷蔵で2~3日。食べきるのがむずかしい場合は、冷凍保存も可能です。冷凍すれば、1~2ヶ月は保存しておくことができますよ。

あんこを冷凍保存するといい理由

あんこにはたくさんの砂糖が使われているので、実は冷凍してもカチカチになりません。水分の多い手作りあんこは、凍ってしまうおそれもありますが、市販のものであれば比較的やわらかい状態で冷凍しておけます。

冷凍保存をしておくと、夏場にひんやりと食べられるだけでなく、雑菌の繁殖を抑えるので劣化しにくくなりますよ。少しずつ分けて冷凍しておくことで、必要なときに必要な分だけ食べられるのもメリットですよ。

正しいあんこの冷凍保存方法

スライス冷凍

あんこを冷凍する方法として、まず挙げられるのが「スライス冷凍」。スライスチーズのような形に平たくのばして、冷凍する方法です。あんこをラップで挟んで押しつぶし、正方形に整えるだけ。なるべく均等に伸ばしておきましょう。

あんトーストはもちろん、具材としてサンドイッチに挟みたいときや、トッピングにしたいときに、ちぎって使うこともできますよ。

まとめて冷凍

あんこを小分けにせず、「まとめて冷凍」する方法もあります。フタがきっちり閉まる容器や、ジッパー付きの袋に入れるだけ。まとめて冷凍してもカチカチになりにくい特性があるので、少ししか使わない場合でも、スプーンですくうことで簡単に取り出せます。

おしるこを作ったり、あんこを使うおはぎや大福などを作ったりするときには、まとめて冷凍するほうが使いやすいですよ。

あんこを冷凍保存するときの注意点

あんこの冷凍保存は、日持ちをさせるためにも役立つ方法です。しかし、きちんと密閉したうえで保存をしないと、乾燥したり霜が付いてしまったりする可能性があります。「スライス冷凍」する場合には、ラップで包んだあとにジッパー付きの袋に入れて、二重で封をしておきましょう。

「まとめて冷凍」する場合には、シリコン製やパッキンの付いたフタなど、しっかりと密封できる容器がおすすめ。袋はジッパー部分が二重になっているものを使いましょう。市販のパック入りあんこは、未開封であれば、そのまま冷凍することができますよ。

冷凍あんこの解凍方法

冷凍あんこは、冷蔵庫で自然解凍します。冷凍してもやわらかいままなので、解凍しても少しやわらかさが増す程度ですが、使い勝手はかなりよくなりますよ。冷凍期間が長く、小豆の味が飛んでしまっている場合には、鍋で加熱して水分を飛ばせば、風味が復活します。

アイスやパフェのトッピングにするときには、解凍せず冷たいまま「冷凍和菓子」として楽しむのもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ