「フルーツ」を使うシャーベットの作り方9選

13. すっきりほろ苦い、レモンのグラニテ

レモンのシャーベットは、デザートでもお口直しでも使えますよ。こちらはレモンの皮を入れて、さわやかさとほろ苦さもプラスした大人の味わい。1時間ごとにかき混ぜて、ゆっくりと冷やし固めることがポイントです。レモンの皮をくり抜いて詰めても、かわいらしいですね。

14. 缶詰なら簡単♪ 桃のシャーベット

みずみずしい桃を使ったシャーベットもおいしいですよね。こちらは桃の缶詰を使った簡単シャーベットのレシピです。桃の缶詰をシロップごと使い、ヨーグルトとライムを入れて作っています。 火を使わず、ミキサーで冷やすだけなので簡単ですね。一気に冷やし固めてしまっても、もう一度ミキサーにかけて凍らせればOKですよ。

15. 混ぜずに作る!? リンゴシャーベット

リンゴのシャーベットも人気がありますが、こちらのレシピは作り方がちょっとユニークです。芯を取ってくし切りにしたリンゴに、砂糖と塩、白ワインをかけて電子レンジでチン。冷めてから冷凍庫で凍らせると、リンゴシャーベットのできあがり!混ぜる手間がないので、とても楽ちんですね。

16. かき混ぜながら食べればOK!みかんシャーベット

こちらのみかんシャーベットも、冷やし固める途中で混ぜることなくお作りいただけますよ。みかんの缶詰をシロップごとミキサーにかけて、グラスなど小分けの容器に注いで冷やし固めます。固まったらレモンの果汁を上からかけ、しばらく置いてかき混ぜながらいただきましょう。

17. 皮も種も食べられる、スイカのキューブシャーベット

Photo by macaroni

こちらのスイカシャーベットは、皮も種も食べられる技ありレシピです。スイカを使って果肉部分のシャーベットを作り、チョコチップを入れて種に見立てます。固まったら抹茶のシャーベット液を流し入れれば、ユニークなスイカシャーベットのできあがり。くり抜いたスイカの中に入れてもかわいいですね。

18. 凍らせるだけ!シンプルなマンゴーシャーベット

人気のマンゴーを使ったシャーベットは、暑い時期に食べたくなりますね。こちらはマンゴーの果肉を凍らせただけのシンプルなレシピです。食べるときに練乳をかければ、簡単なシャーベットのできあがり。生のマンゴーでも、冷凍のマンゴーの果肉を使っても作れますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS