グラニータの作り方とアレンジレシピ3選♪シチリア発の朝食スイーツ

シャリシャリ、ひんやりしたイタリア生まれのスイーツ「グラニータ」をご存知ですか?作るのが難しそうですが、意外に簡単におうちで作れます。今回はオレンジを使ったグラニータの作り方をご紹介。スイカや桃などフルーツを使ったレシピも3つ登場しますよ!

グラニータのあっさり&ひんやりに癒される♪

グラニータとは

グラニータは果汁やミルク、コーヒーなどにシロップを混ぜて凍らせ、シャーベット状にした氷菓です。 アイスクリームやソルベに比べてザラザラ、シャリシャリした食感が特徴。味わいはあっさりとしたものが多く、デザートやおやつとして親しまれています。ひんやりした口当たりとあっさりした味で、夏の暑い時期に食べたくなるスイーツです。

グラニータの発祥は?

グラニータは、イタリアのシチリア島で生まれた料理です。 シチリアでは菓子パンのブリオッシュを添えて食べることが多く、半分に切ったブリオッシュに冷たいグラニータをはさんで食べるそう。 この組み合わせは、夏の暑い時期の朝食としても親しまれています。

なお、フランス料理の「グラニテ」は、イタリアのグラニータがフランスに渡り、フランス流にアレンジされたものです。

バリエーションが豊富

グラニータはさまざまな食材が使われるので、レシピのバリエーションが豊かなデザートです。オレンジやいちご、桃など果汁が多いフルーツを使ったものはジューシーな味わいで幅広い年代の方に人気。野菜はフルーティーなトマトを使ったものがポピュラーですよ。

また、フルーツや野菜以外にコーヒー屋ミルクヨーグルトを使ったグラニータもよく作られています。大人向けに、リキュール類を加えて作る場合もありますよ。

基本のグラニータの作り方

グラスに入ったグラニータとくし切りオレンジ

Photo by migicco

今回は、季節を問わず入手しやすいオレンジを使ったグラニータの作り方をご紹介します。 レモン果汁を加えてさっぱりした後味に仕上げます。冷たくても甘さがしっかり感じられるように、グラニュー糖を使いました。

オレンジのほか、ぶどうやグレープフルーツでもおいしく作れますので、お好みのフルーツにアレンジして作ってみてくださいね。

材料(3〜4人分)

オレンジ二つとガラス容器に入った調味料

Photo by migicco

・オレンジ……2個
・100%オレンジジュース……100〜150cc
・水……100cc
・グラニュー糖……80g
・レモン汁……30cc

※オレンジジュースの分量は、オレンジから絞った果汁の量で変わります。

作り方

1. シロップを作る

鍋で水とグラニュー糖を煮る

Photo by migicco

鍋に水とグラニュー糖を入れて弱めの中火にかけ、グラニュー糖が溶けるまで熱します。時々かき混ぜて、グラニュー糖をよく溶かしてください。

グラニュー糖が溶けたら、粗熱をとっておきます。

2. オレンジをしぼる

オレンジジューサーでオレンジから果汁をしぼる

Photo by migicco

オレンジから果汁をしぼります。果汁とオレンジジュースを合わせて300ccになるよう調節してください。果肉を入れずに作る場合は、ふきんでこすといいですよ。

3. 果汁とシロップを合わせる

鍋のシロップをオレンジ果汁に混ぜ合わせる

Photo by migicco

特集

SPECIAL CONTENTS