4. 唐辛子を差し込んでいる大根をおろす

Photo by ichigo

なるべく垂直に大根をおろし器にあてて、ゆっくりとおろします。軽く汁気を絞って、お皿に盛り付けたら完成です。

もみじおろしを使った活用レシピ5選

1. ピリッとアクセント!おうちで瓦そば

Photo by macaroni

山口県の瓦そばをご存じでしょうか?甘辛く味付けしている牛肉と錦糸卵を、焼いている茶そばの上にのせていただきます。ホットプレートやフライパンで、麺に少し焦げ目をつけて食べるのが特徴です。

通常は、めんつゆなどにつけていただきますが、ねぎやレモンといった薬味を添えます。それに加えて、もみじおろしのピリッとした味がアクセントになり、食欲をそそりますよ。

2. かば焼き味とマッチ!イワシのもみじおろし添え

イワシは、甘辛いかば焼き味がよく合います。そのかば焼きの味にマッチするのが、もみじおろしです。辛みのきいたさっぱり感がくせになりますよ。最初は、かば焼きの味を楽しみ、途中からもみじおろしをのせて味変するのもいいかも?ついつい、ご飯が進みます。

3. さっぱりおつまみに!笹かまのもみじおろしのせ

そのままでも十分おいしい笹かまですが、たまには少し手を加えてみませんか?適当な大きさに切って、土鍋や蒸し器でもう一度蒸してみましょう。ふっくらとなった後、もみじおろしをのせていただきます。あつあつの笹かまに、ピリッとしたアクセントのもみじおろしがよく合いますよ。お酒のおともに最高です♪

4. だし醤油との相性抜群!つくねのもみじおろし添え

つくねは、焼き鳥屋さんで定番メニューのひとつです。気分を変えて、違うアレンジのつくねを味わうのもいいですね。お好みの材料を入れてつくねを作ったら、だし醤油で煮込みましょう。その後、もみじおろしを添えていただきます。だし醤油のまろやかさと、もみじおろしのピリッとした辛さが相性抜群です。

5. さわやかな味で食欲増進!もみじおろしとシラス丼

新鮮なシラスが手に入ったら、シラス丼で簡単ランチメニューはいかがですか?シラスとアボカドはよく合います。その組み合わせに、卵黄も入れましょう。ご飯の上に材料をのせたら、もみじおろしものせて、めんつゆを回しかけるだけで完成です。

簡単なのに、華やかなひと品ですね。さわやかな味で、食欲が増進します。きっと家族やお友達も喜びますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ