【材料別】アレンジ塩パンレシピ6選

6. 香ばしくてクリーミー。ごまとチーズの塩パン

生地に黒ごまを練り込んで、クリームチーズを包む塩パンです。卵を入れるので、ふんわり食感に。バターではなくクリームチーズを入れることで、クリーミーでコクのある味に仕上がりますよ。ごまの香ばしい風味も食欲をそそります。

7. 食感が楽しい。たっぷりナッツの塩パン

焼く前の生地にナッツを散らす、見た目も食感も楽しめる塩パンです。発酵させる手間がいらないので、パパっと作ることができますよ。くるみやアーモンドなどのナッツを入れたり、ドライフルーツをプラスしたりするのもおすすめ。ティータイムにぴったりの、甘い塩パンができあがりますよ。

8. いい香り♪ バジル入り塩パン

生のバジルを入れる、清涼感たっぷりの塩パンです。乾燥バジルや、パセリ・ディル・ローズマリーなどのハーブでも作れますよ。豊潤なハーブの香りが上品。そのままでももちろんおいしいですが、サーモンやハムを挟んで、サンドイッチにするのもおすすめですよ。おもてなしやパーティーにもぴったりです。

9. ふすま粉で作る。ブラン塩パン

ふすま粉(小麦の表皮部分)を使う塩パンです。コンビニでよく見かける、ブランパンと同じもので、独特の風味があります。ほんのりした甘みと、素朴な香ばしさが特徴。ふすま粉はパサパサしがちですが、しっかりと発酵させることで、しっとりもちもち食感に仕上がりますよ。

10. 旨味たっぷり。トリュフ塩パン

ホームベーカリーで作る、トリュフ塩の食パンです。普通の塩ではなく、トリュフ塩を使うことで、いつもの塩パンよりも旨味がプラスされますよ。独特の風味があるので、一度食べるとクセになる味。そのまま食べるのもいいですが、サンドイッチに使うのもおすすめですよ。

11. おやつにぴったり。抹茶あん入り塩パン

いつもの塩パンに、抹茶あんを巻き込んで作る塩パンです。抹茶あんの甘味と小豆の食感に、岩塩の塩味が相性抜群。クセになるおいしさですよ。抹茶あんの量を調節すれば、甘さ控えめにもできます。ちょっと変わった塩パンが食べたいときにおすすめですよ。

編集部のおすすめ