7・ナムルをきかせて♪コールスロー

にんじんのナムルを再利用したコールスローです。にんにくの風味もきいていて食欲が進みます!生のにんじんを使う場合、千切りにしてごま油で炒め、にんにくを和えておきましょう。

8・カレーコールスロー

お酢の酸味が苦手な方も食べやすい、カレー風味のコールスローレシピです。塩揉みしたキャベツとミックスベジタブルを、マヨネーズ・はちみつ・カレー粉などの調味料で和えるだけで完成です♪
意外とアレンジの幅があるんだな~と思わず感心してしまったコールスロー。自分好みの味付けにして、よりおいしく彩りよく野菜を食べちゃいましょう!しかし何故コールスローっていうんだろう?と素朴な疑問がわき、ちょっと検索してみました。
英語の「コールスロー (coleslaw)」という名前は18世紀ごろにオランダ語の "koolsalade"(キャベツサラダ)を短縮した「コールスラ (koolsla)」から生まれたものだが、1860年ごろまでのアメリカ合衆国とイギリスでは誤って "cold slaw"(冷たいスロー)と呼ばれており、ホットスローという温サラダが作られることもあった。英語の "cole" には本来ラテン語から派生したキャベツの意味があり、これはまたオランダ語 kool の語源ともなっている。

出典: ja.wikipedia.org

というわけで、元々英語の「cole」にキャベツの意味があったんですね。それはラテン語から派生して、オランダ語「kool」の語源にもなっている...言葉はつながってるんだな~と変に感心しながら終わります(笑)

特集

FEATURE CONTENTS