ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

パパイヤってどんなフルーツ?

Photo by 稲吉永恵

パパイヤとは、熱帯アメリカが原産の南国フルーツ。日本で手に入るパパイヤの主な産地は、アメリカ合衆国やフィリピンのものが多いですよ。日本では、沖縄県や宮崎県、鹿児島県などで栽培されています。国産のパパイヤの旬は、5月〜8月。熟してくると皮は黄緑色から黄色になり、果肉は濃い黄色でやわらかくとろけるような食感です。パパイヤ特有の甘い香りが漂いますよ。

パパイヤと青パパイヤの違い

パパイヤと青パパイヤは同じ果実で、果実が熟して完熟パパイヤになってから食べるものをフルーツパパイヤと言います。一方で、青パパイヤは、熟す前に収穫して未熟のまま野菜として使い、サラダや和え物、炒め物などでいただきますよ。

パパイヤの切り方・食べ方

Photo by 稲吉永恵

パパイヤは、常温でしっかり追熟させ、果皮の色が完全に黄色になってから食べます。熟したら冷蔵庫の野菜室に入れて軽く冷やしてから食べましょう。基本的な食べ方は、半分にカットしてから種を取り除き、レモンをたっぷりと絞り、スプーンですくって食べます。お好みの大きさにカットしてもよいですよ。

切り方

Photo by 稲吉永恵

パパイヤを縦半分にカットします。切りにくい場合は、上の軸の付け根部分を少し切り落としてもよいです。

Photo by 稲吉永恵

種をスプーンを使って取り出します。

Photo by 稲吉永恵

お皿にレモンと共に盛り付けて完成です。基本的にはこのままいただきますが、お好みで縦方向に食べやすい大きさにカットしてもよいです。

Photo by 稲吉永恵

種を外したくぼみ部分に、たっぷりとレモン果汁を絞ってからいただきます。

Photo by 稲吉永恵

パパイヤには強烈な甘味はありませんが、レモン果汁と一緒にスプーンで食べると、絶妙な甘味と酸味のバランスを感じられ、とてもおいしく食べられますよ。パパイヤ特有の香りとの相性も抜群です。

パパイヤの食べ頃は?保存方法も

パパイヤの追熟方法

Photo by 稲吉永恵

フルーツパパイヤは、未熟な場合、追熟させてから食べます。完熟してないと苦い場合があるので気をつけてくださいね。追熟するときは、新聞紙に包んで常温(20度程度)におきましょう。果皮全体が黄色くなり、やわらかくなったら食べ頃です。冷蔵庫の野菜室に入れて2〜3時間冷やしていただきましょう。

保存方法

Photo by 稲吉永恵

パパイヤが熟したら、早めに食べましょう。カットしたものを保存するときは、種を外してラップをぴったりとくっつけて包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。できるだけ早めに食べ切るのがおすすめですよ。

パパイヤは冷凍保存も可能です。冷凍する場合は、皮をむいて適当な大きさにカットし、小分けにしてラップで包みましょう。フリーザーバックに入れて冷凍庫へ入れます。1ヶ月程度保存可能。食べるときは半解凍でシャーベット感覚で食べるか、凍ったままスムージーにしたり砂糖を加えて火にかけてソースやジャムにしたりします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ