ライター : ヤマモトマコ

製菓衛生士・現役パティシエール

パティシエールとして菓子作りや商品開発に従事しています。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや知識をシェアする大切さを実感。その後ライター業を開始しました。現役パ…もっとみる

プロ考案!とびきり濃厚なベイクドチーズケーキのレシピ

Photo by ヤマモトマコ

調理時間:120分(冷やす時間は含めません)
保存期間:冷蔵で2~3日、冷凍で約1ヶ月

とびきり濃厚なベイクドチーズケーキのレシピをご紹介します。現役の製菓衛生士である筆者が考案した、まさにプロの味わいが楽しめるひと品です。だからと言ってむずかしいことはなく、解説するコツやポイントを押さえれば、だれでも濃厚&リッチなベイクドチーズケーキが作れます。記事を参考に、ぜひチャレンジしてくださいね。

材料(6人分 18cm型1台)

アパレイユ

Photo by ヤマモトマコ

・クリームチーズ……400g
・サワークリーム……50g
・グラニュー糖……120g
・卵黄……2個
・生クリーム47%……200cc
・牛乳……50cc
・薄力粉……20g
・コンスターチ……20g
・レモン果汁……5cc

土台

Photo by ヤマモトマコ

・バターサブレ……100g
・無塩バター(有塩でも可)……50g
・塩……少々

作り方

下準備

クリームチーズ、サワークリームをまず常温に出しておきます。薄力粉とコンスターチを一緒に振るい、オーブンは200~220℃に予熱します。

Photo by ヤマモトマコ

型の底と側面にベーキングシートを敷きます。側面のベーキングシートは帯状に切って、写真のように帯の端が重なるようにセットします。

Photo by ヤマモトマコ

側面のベーキングシートは型プラス0.5~1cm程度の高さにしてください。これ以上高いと大きくはみ出したベーキングシートが邪魔をして周囲の焼き色が付きにくくなってしまいます。

1. 土台を作る

Photo by ヤマモトマコ

保存袋にバターサブレを入れ、麺棒で細かく砕いていきます。下にタオルやふきんなどを敷くと、作業がしやすいですよ。

Photo by ヤマモトマコ

麺棒で叩くのではなく、ギュッとサブレを押し潰すように麺棒を転がすと、手早くサブレを砕くことができます。

Photo by ヤマモトマコ

写真のように細かく砂状になるまで砕きましょう。

Photo by ヤマモトマコ

砕いたサブレの入った保存袋に溶かしバター、塩少々を入れます。袋を揉んでサブレ全体に溶かしバターをなじませましょう。

Photo by ヤマモトマコ

しっかりバターがなじんだ状態がこちらです。

Photo by ヤマモトマコ

型に均一に広げます。

Photo by ヤマモトマコ

ラップを巻いた底の平らなコップや麺棒を使い、砕いたサブレをギュッと押し固めます。土台の厚さが均一になるように、押しながら調節していきます。

Photo by ヤマモトマコ

しっかり押し固めた状態がこちらです。土台のまわり部分がうまく押せない場合は、カレースプーンを使うと作業がしやすいですよ。

土台を敷いた型はアパレイユを流すまで冷蔵庫で冷やしましょう。バターが固まりアパレイユが土台に染みこむのを防ぎます。

2. クリームチーズをなめらかにする

Photo by ヤマモトマコ

室温に出しておいたクリームチーズをホイッパーで練ります。もし少し硬いようなら、電子レンジ500Wで20秒加熱して様子見します。指でスッと押せるくらいの硬さになるまで続けましょう。クリームチーズのダマは後から潰すのはむずかしいのでここでしっかりなめらかな状態にすることが大切です。

編集部のおすすめ