5. あさり、むきえびを並べる

Photo by 宮本信義

あさりとむきえびをのせ、塩ひとつまみ、みじん切りしたにんにくを散らします。水を注げばセッティング完了です。

6. ふたをして火にかける

Photo by 宮本信義

ふたをして、強火にかけます。沸騰したら弱火で約18分加熱します。

「火加減はごはんを炊くときの要領と同じです。弱火で加熱しているときに吹きこぼれたら、それは火が強いサイン。火力を弱めてください」

Photo by 宮本信義

「つまみで調整できるガス火と違って、炭火は火加減がむずかしい。弱火にしたかったら炭を少し別の場所によける、強くしたかったら炭を集めたり、うちわであおいだりすることで調整できます。

炭火はレーザー光線みたいなもので、何かで遮断されると熱が伝わらなくなります。だから炭の表面に灰がつくことでも火力は落ちてしまうんです。火が弱くなったと思ったら、灰を飛ばすだけでもずいぶん変わりますよ」

Photo by 宮本信義

約18分後、鍋いっぱいに炊き上がりました。皿に取り分けて、イタリアンパセリ、パルメザンチーズ、オリーブオイルを垂らせば完成です!

魚介の旨味たっぷり。じゃがいもがいい仕事しています!

Photo by 宮本信義

とてもやさしい味付けで、えび、あさり、じゃがいも、トマト、玉ねぎ、そして白米それぞれの味をしっかり感じます。ごはんはリゾット風。だしを吸ったじゃがいもがとにかくおいしいんです!

「ティエッラは元々はテラコッタのオーブン皿のことで、この皿に材料を積み重ねる料理もティエッラと呼ばれるようになったそうです。ティエッラには必須のじゃがいもさえあれば、ほかは何を入れてもOK。鮭や鶏肉で作ってもおいしくできます。

直火の場合はふたありの鍋がおすすめですが、フライパンにアルミホイルをかけてもいいし、飯盒でも作れます。アルミホイルをふたにする場合は水分が飛びやすいので、途中で水を足して調整するといいですよ。

塩と魚介の出汁だけでもすごくおいしくできます。ぜひ素材の味を楽しんでほしいです」

炊いている最中からいい香りが立ちのぼり、炊き上がってふたをあけると、鍋いっぱいのあさりやえびが目に飛び込んできました。アウトドアシーンが盛り上がること間違いありません。ぜひお試しを!

教えてくれた人

Photo by 宮本信義

falò(ファロ)・オーナーシェフ/樫村仁尊さん 東京都出身。調理師学校を卒業後、「リストランテ アクアパッツァ」の日髙良実シェフの元でキャリアをスタート。その後、イタリアや都内のレストランで経験を積み、アクアパッツァに戻ったのち料理長まで務めた。2016年、代官山に「falò」をオープン。人気メニューを全国発送するオンラインショップも運営

6/2(木)12時〜、樫村シェフにレシピを習うインスタライブ開催!

取材協力
ファロ
住所
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町14−10 LUZ代官山 B1階
営業時間
金曜日
17:00〜23:00
月曜日
17:00〜23:00
火曜日
17:00〜23:00
水曜日
17:00〜23:00
木曜日
定休日
金曜日
17:00〜23:00
土曜日
15:00〜23:00
日曜日
15:00〜23:00
開閉
電話番号
03-6455-0206
最寄駅
東急東横線 代官山駅 徒歩3分 JR恵比寿駅 徒歩9分
ディナー提供
ディナー
取材・文/古川あや
撮影/宮本信義

樫村シェフのほかのレシピはこちら▼

編集部のおすすめ