ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

SNSで人気急上昇中!ライスペーパーで作る花とは?

Photo by akiharahetta

パッと見、食べ物とは思えない見た目とユニークな作り方で、今注目されはじめている “ライスペーパーで作る花” 。名称は確定していませんが、ここでは「ライスペーパーフラワー」と名付けます。

TikTokやInstagramでは、すでに話題になりつつあるようで、海外の方の投稿のなかには、90万以上のいいねがついたものも発見しました。アジア圏を中心に盛り上がりを見せているようですね。

とても気になるのが、その作り方。短い動画ではいまいちわかりにくいという方へ、詳しい手順をお教えいたします。失敗例や成功するコツも公開しますので、ぜひ参考にしてください。

まるでレースのフラワー♪どんな作りになってるの?

Photo by akiharahetta

ライスペーパーフラワーは、大小2枚の丸いライスペーパーを重ねて作ります。1枚のライスペーパーから3個の花ができますので、作りたい個数に合わせて材料を調節してください。

ほかに必要な材料は、少量のご飯と、色付け用の調味料、塩、揚げ油だけ。シンプルなうえに、調理時間も短く、ライスペーパーさえ切ってしまえば、あっという間にできあがります。

材料(9個分)

Photo by akiharahetta

調理時間:20分
・ライスペーパー……3枚
・ご飯……大さじ2~3杯
・塩……少々
・ゆかり……適量
・カレー粉……適量
・青のり……適量
・ケチャップ……適量
・サラダ油(揚げ物用)……適量

作り方

1. ライスペーパーをカットする

Photo by akiharahetta

キッチンばさみでライスペーパーを4等分に切ります。4枚のうち、3枚は大きく丸く切り抜き、残り1枚は小さな丸を3個切り抜きましょう。

2. 中心に向かって放射線状に切り込みを入れる

Photo by akiharahetta

次に、花びらとなる切り込みを入れていきます。中心部分を残し、はさみで放射線状に切り込みを入れましょう。6~8等分がおすすめです。小さいほうも同じように切ってください。

3. ごはんと調味料を混ぜる

Photo by akiharahetta

花の中心となる部分は、色付けしたごはんで作ります。各調味料とごはんを混ぜ合わせ、カラフルに色付けしましょう。SNSではカレー粉とゆかりが定番。お好みの調味料を使ってくださいね。

4. 大小の丸を重ねる

Photo by akiharahetta

丸くカットしたライスペーパーのうち、大きい方にご飯を置き、その上に小さい丸を重ねます。のせるごはんの量は10粒程度。ごはんの水分で自然とくっつきますが、心配なようでしたら、軽く指で押さえて密着させるといいですよ。

5. さらにごはんをのせる

Photo by akiharahetta

大小の丸を重ねたら、さらに真ん中にご飯をのせます。これで花の準備は完了♪あとは揚げるだけです。揚げ油の入った鍋を火にかけ、180℃まで温めましょう。

6. 油で揚げる

Photo by akiharahetta

しっかり油が温まったら、いよいよ揚げていきます。このレシピ1番のメイン作業。油に入れた瞬間、パッと花が咲きますよ!クライマックスと言っても過言ではないでしょう。

7. 塩を振って完成

Photo by akiharahetta

材料のライスペーパーとごはんは、どちらも加熱しなくてもいい食材。揚げ時間はほんの数秒程度でOKです。揚がったらしっかり油を切り、塩をパラリと振ったら完成!

気になる味や食感は?

Photo by akiharahetta

揚げあがったライスペーパーフラワーは、サックサクでスナック菓子のよう。自分好みの味に変えられるのもうれしいポイントです。スイートチリソースをつけて食べてもよさそうですね。揚げ物のついでに作れば、その名の通り食卓に華を添えてくれることでしょう。

こんなはずじゃなかった!失敗例と上手に作るコツ

Photo by akiharahetta

実際に作ってできあがった失敗例もご紹介します。手前の2つは片手で揚げ油に入れたもの。片手で花を持った結果、斜めに傾いたまま揚がってしまい、上手く花が開きませんでした。両手で花の端を持ち、水平になるよう油に入れましょう。

奥は、花びらが下向き広がってしまった残念作。油の温度の低さが原因です。やはり180℃の高温で揚げるべき!

切り落としもおいしく食べられる

Photo by akiharahetta

丸く切り抜いた残りのライスペーパーはどうしましょう。料理に使うにはいびつな形だし、捨てるなんてもったいない。ついでに揚げてしまいませんか?

フレーバーソルトを振れば、おつまみとしておいしくいただけますよ。サラダや炒飯のトッピングにしてもいいですし、ガパオのような味付け挽き肉と一緒にレタスで巻いてもいいですよね。

想像以上に簡単!いち早くチャレンジしてみて

材料も少なく短時間で作れる、ライスペーパーフラワー。想像以上に簡単だったのではないでしょうか。映える見た目、花が咲く瞬間の楽しさ、それでいて低コストで、おいしいなんて、考えた人は天才じゃないかと思ってしまったほどです。

気になったら作るべし!おもてなしやホームパーティー、誕生日のひと品に最適だと思いますよ。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
SNSで話題のレシピはこちら▼
Photos:13枚
ガラスプレートにのったライスペーパー
揚げ物用の網のうえに並んだ複数のライスペーパーフラワー
ざるにのったライスペーパーと白いフライパン型小皿に入った調味料が並べられている様子
丸くくり抜いたライスペーパーが竹ざるにのっている様子
手に持ったライスペーパーにキッチンバサミで切り込みを入れている様子
白いフライパン型小皿に調味料とご飯が入っているところ
青いバッドに大小の丸いライスペーパーが重ねて置かれているところ
青いバッドと竹ざるに細工したライスペーパーがのっているところ
黒い鉄鍋に入った揚げ油でライスペーパーフラワーを揚げている様子
箸でライスペーパーフラワーを持ち、揚げ油から引き揚げている様子
ブラウングレーのガラスプレート皿に5個の「ライスペーパーフラワー」がのっている様子
青いプレート皿にのったライスペーパーフラワーの失敗作
黒い鉄鍋に入った揚げ油でライスペーパーの切り落としを揚げている様子
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ