早めに冷凍する

大根をすりおろしたら、すぐに冷凍するのがおすすめ。そのままにしておくと、大根特有の臭いが強くなり質が落ちてしまうため、おろしたら時間をおかずに冷凍するようにしましょう。

小分けにして保存する

大根おろしは、小分けにして冷凍するのが便利です。小分けにし薄く平らにして保存しておけば、短い時間で凍結し、解凍時間も早いですよ。凍結までに時間がかかればかかるほど、食感は悪くなり質が落ちます。一食分として、約100〜150gずつ保存しておくとよいですよ。

密閉できる袋で保存する

保存する際は、空気に触れないよう、密閉できる保存袋を使用します。ラップで包む場合は、包んだものを冷凍用ジッパー袋に入れて空気を抜いてから密封しましょう。大根は匂いが強いので、保存容器に入れて冷凍する場合は、ラップを敷いてからきっちり包んで蓋で密封してください。

冷凍大根おろしの解凍方法

Photo by 稲吉永恵

冷凍した大根おろしは、冷蔵庫に入れて自然解凍させます。前の晩に冷蔵庫へ移しておくとよいですよ。自然解凍させた大根おろしは、みずみずしさがあり、食感にほとんど変化はありません。大根特有の辛味は抜けるため、やさしい味わいになります。

急いで解凍したい場合は、電子レンジの解凍モードで加熱しましょう。加熱しすぎると食感が変わるため、注意してください。

大根おろしはまとめて作って冷凍しよう

日持ちしない大根おろしは、冷凍保存することでおいしく長持ちさせることができます。料理に添えたり、ドレッシングに使ったりと活躍する場面が多いので、その都度作るのが面倒な人にもうってつけですよ。大根おろしの冷凍保存は、ポイントをおさえるのが大切。適切に保存して、日々の献立に役立ててくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ