コチュジャンの量で辛さを調整

コチュジャンの量を大さじ2杯にすれば辛く仕上がり、大さじ1杯にすると食べやすい辛さに仕上がります。辛いものが苦手な方やお子さん用には、小さじ1~2杯くらいまで減らしてください。辛いものがお好きであれば粉唐辛子を適量(小さじ1杯程度)加えてみましょう。

きゅうりを入れてもおいしく作れる

大根と一緒に、きゅうりや白菜を塩もみして加えてもおいしいです。大根を調味料と和えるタイミングで、適当な長さに切ったニラや、みじん切りの長ねぎを加えるのもおすすめ。食感や風味が増してよりおいしく仕上がりますよ。

手作りカクテキの保存方法・期間

Photo by Uli

保存袋に入れて密閉すると、冷蔵庫で4~5日保存が可能です。食べる際は必ず清潔なスプーンやお箸で取り分け、密閉してから保存してください。時間が経つにつれて大根から水分が出て味がなじんでいくので、食感や味わいの変化を楽しむことができます。

韓国風!本格カクテキの作り方

1週間かけて熟成させる本格的なカクテキは、発酵特有の酸味と旨味を味わいたい方におすすめです。大根を塩漬けし、調味料と香味野菜を混ぜて、常温で1~2日置いてから冷蔵庫で6日寝かせて作ります。

調味料と大根をなじみやすく、熟成させやすくするため、もち米粉で作るキムチのりを加えるのが特徴です。味見をしてはちみつで甘さを調整するので、好みの味に仕上げることができますよ。

カクテキの作り方をマスターして副菜レパートリーを強化!

Photo by Uli

即席カクテキは献立に物足りなさを感じるときや、作り置きに大活躍してくれます。作業時間5分ほどで作ることができ、塩漬け時間は放置しておくだけなので、忙しい日にも心強い副菜ですね。

塩漬け時間を短縮したい場合は、大根を薄切りにして作ってみてください。あっと言う間に味がなじんで、すぐにおいしく食べることができますよ。カクテキの作り方をマスターして、副菜レパートリーを強化しましょう!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ