ライター : 田中奈津子

国際中医薬膳師

『…35才からの美薬膳…』薬膳のエッセンスを世界のお料理にのせ、楽しみながらココロと体を調えていく”美薬膳ごはん”をご提案します。都内にて薬膳class「WALNUTS KITCHEN」を主宰。

発酵キャベツとは?

Photo by 田中奈津子

キャベツ、塩、砂糖のみで作るお手軽保存食 “発酵キャベツ”。キャベツ自身が持つ乳酸菌を上手に発酵させて作ります。今回は、食材に陳皮(ちんぴ)を使って薬膳アレンジ。

保存袋を使えば、瓶で作るよりも手軽に発酵キャベツが作れますよ♪ ドイツでも家庭常備菜として “ザワークラウト” という名で、ハムやソーセージの付け合わせに使われています。

発酵キャベツはメリットがたくさん

キャベツは胃の疲れ、痛みがあるときに食べると良いとされている「健胃(けんい)」の薬膳食材です。お腹がスッキリしないとき、溜まっているものを下へとおろす「解毒(げどく)」の力もあり、便秘気味のときに頼れる食材です。

陳皮はお腹の “気(調子)” を整える薬膳食材。キャベツの「解毒」のサポートをするので、合わせて使うことでお腹をいたわり元気にしていきます。(※1)

さっぱり食べられる。発酵キャベツの作り方

Photo by 田中奈津子

調理時間:10分(※発酵時間は除きます)

自家製発酵キャベツをジップ付き保存袋で漬け込みましょう。瓶で作るのとは違い、煮沸や密閉など気にせず簡単に作れますよ。

薬膳では発酵食材は体を温めるとされています。温めながらお腹を整えていく発酵キャベツはおいしいだけではなく、体に嬉しいことがたくさん♪ 多めに作り常備しておくと良いですね。

材料(作りやすい分量)

Photo by 田中奈津子

・キャベツ……300g
・塩……小さじ1杯(6g)
・はちみつ……小さじ1杯
・陳皮……小さじ1杯 ※入れなくてもOKです。
・ピンクペッパー……小さじ1/2杯
・ローリエ……2枚
・ジップ付き保存袋(Lサイズ、冷凍用)……1枚

作り方

1. キャベツを千切りにする

Photo by 田中奈津子

キャベツを少し太めの千切りにします。太めに切ることで、液を多く含みジュワッと感が増しますよ。

2. キャベツを揉む

Photo by 田中奈津子

保存袋にキャベツ、塩、はちみつを入れて5分ほどよく揉みます。

Photo by 田中奈津子

揉んでいるとキャベツから水分が出てしんなりとし、袋に水が溜まってきます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ