ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

きゅうりと卵サラダのサンドイッチ&なすのクリームカレースープ【夏野菜で楽うまサンド&スープ #1】

Photo by 宮本信義

6月の毎週日曜日連載「夏野菜で楽うまサンド&スープ」。手間なく作れて、見た目も味もグッドなサンドイッチとスープを、料理研究家のきじまりゅうたさんに教えてもらいました。

初回のレシピは「きゅうりと卵サラダのサンドイッチ」と「なすのクリームカレースープ」です。

Photo by 宮本信義

料理研究家/きじまりゅうたさん 祖母、母ともに料理家という家庭で育ち、5歳の頃から包丁を握る。23歳から本格的に料理の道へ。調理する人、食べる年代やシーンに合わせた「作りやすくておいしい料理」をモットーに、オリジナリティあふれるレシピを考案。身近で再現性の高い家庭料理が好評で、テレビや雑誌を中心に多方面で活躍している

Photo by 宮本信義

「この連載では、おしゃれで気分があがる大人のサンドイッチのレシピをご紹介。また、梅雨時は体調を崩しやすいと思うので、野菜たっぷりのスープもお届けします。

夏野菜を存分に味わえるサンドイッチとスープで、手軽にエネルギーチャージしましょう!」

塩きゅうりと卵サラダのサンドイッチ

Photo by 宮本信義

調理時間:25分

「塩きゅうりと卵サラダのサンドイッチ」は、塩もみしたきゅうりと、レンチンで作れる卵サラダが共演した、王道のサンドイッチです。

「きゅうりを塩もみして水分を減らすひと手間で、食感がアップし、パンが水っぽくなるのを防げます。1人分にきゅうりをまるまる1本使うので、旬の野菜をたっぷり食べられますよ」

材料(2人分)

・食パン(8枚切り)……4枚
・きゅうり……2本
・卵……1個
・スライスチーズ……2枚
・塩……小さじ1杯
・水……小さじ1杯
・マヨネーズ……大さじ3杯
・オリーブオイル……小さじ2杯
・粗挽きこしょう……少々

作り方

1. きゅうりを塩もみする

Photo by 宮本信義

幅3mm、長さ5cmの斜め切りにしたきゅうりと塩をポリ袋に入れます。袋に空気を入れて、シャカシャカと振りながら混ぜてください。

「まずは、ポリ袋を使って塩きゅうりを作りましょう。幅3mmくらいにスライスすると短時間でしっかり水分が出て、きゅうりの食感も残ります

Photo by 宮本信義

よく混ざったらポリ袋の空気を抜き、口をキュッと縛ります。この状態で15分おきましょう。

「しっかり空気を抜いてから袋をとじることで、きゅうりに圧がかかり、水分が抜けやすくなります。漬け物の重石と同じ仕組みですね。

この段階で揉まないように注意!まだきゅうりがやわらかくなっていないので、割れてしまうおそれがあります」

2. 卵を電子レンジで加熱する

Photo by 宮本信義

きゅうりを漬けている間に、卵サラダを作ります。

耐熱容器(or耐熱ボウル)に水を入れてから卵を割り入れます。水を入れることで容器に卵がくっつきにくくなるそうです。

破裂防止のために、白身をフォークでつぶして分離させ、黄身にもフォークを突き刺して穴を開けておきましょう

Photo by 宮本信義

容器にふんわりとラップをかけ、電子レンジ600wで2分加熱します。

「電子レンジから出した直後に調理しようとすると、卵が爆発することがあります。少し時間を置いてからラップを取ると安心ですよ」

3. 卵をつぶしてマヨネーズを混ぜる

Photo by 宮本信義

卵をフォークでつぶしていきます。食感が残るくらいの粗さまでつぶしたら、マヨネーズを加えて混ぜます。

「マヨネーズを500円玉サイズに絞り出すと、大さじ1杯くらいの量になります」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ