2. リバーズ「コーヒードリッパー ケイブ リバーシブル」

ITEM

Rivers(リバーズ)コーヒードリッパー ケイブ リバーシブル

¥1,100

サイズ:約幅10.2 x 高さ8.5cm

※2022年3月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
リバーズのドリッパーはシリコン素材のため、ガラスや陶器のように割れる心配はありません。また内・外両方に溝があり、リバーシブルになっています。その日の気分で、コク深いコーヒー、あっさりとしたコーヒーと使い分けができるため便利です。

3. 山善「電気ケトル YKG-C800」

ITEM

山善 電気ケトル YKG-C800 ブラック

¥7,500〜

サイズ:本体 幅28.5×奥行19×高さ24cm 重量:約980g(ケトル・電源プレートセット時) 温度設定範囲:約60~100℃ 容量:約800ml

※2022年3月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
山善のドリップケトルは、通常の電気ケトルよりも注ぎ口が細くてドリップしやすいのが特徴。電気ケトルだからお湯を沸かしてから、そのままドリップできるのが使いやすくて利便性が高いですよ。

コーヒーグッズについて詳しく知りたい方はこちら▼

コーヒー豆の保存期間はどれくらい?

Photo by 今野直倫

コーヒー豆は湿度と水分に弱いため、高温多湿を避けて乾燥した冷暗所に保存してください。飲みきれなかったコーヒー豆は、密閉容器に入れましょう。コーヒー豆の保存容器は、専用のキャニスターや密閉できる袋がおすすめです。

保存期間の目安はおよそ1か月ほど。コーヒー豆は空気に触れると、酸化が進んで酸っぱくなります。一度、豆を挽いてしまうと賞味期限が短くなってしまい、1週間ほどしかもちません。コーヒー粉にした場合は、なるべく早く飲みきりましょう!

コーヒー豆の保存方法について詳しく知りたい方はこちら▼

おうちでドリップコーヒーを楽しもう

ドリップコーヒーは、コーヒー本来の風味や香りが味わえる飲み方です。基本的なドリップコーヒーの淹れ方を覚えれば、おうちでも本格的なコーヒーが楽しめます

インスタントコーヒーでは物足りないという方におすすめで、コーヒーマシンのような機材がなくても可能です。この機会にぜひ、自分で淹れるおいしいドリップコーヒーを味わってくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ