ドリップコーヒーのおいしい淹れ方。基礎からコツまでしっかり解説

ペーパーフィルターを使ったドリップコーヒーの淹れ方をご紹介します。ドリッパーさえあれば手軽に淹れられ、器具の手入れも簡単なので、コーヒー初心者の方にもとってもおすすめ。コツをおさえれば自宅で本格的なコーヒーが楽しめるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年5月14日 更新

ペーパーフィルターを使ったドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーの入ったマグカップとサーバーやケトル

Photo by donguri

ネルドリップ・サイフォン・フレンチプレスなどいろいろな抽出方法があるコーヒーですが、ハンドドリップの中でもっとも定番なのが、ペーパーフィルターを使う方法です。

手軽に淹れられる人気のドリップ方法ですが、抽出の仕方によって味わいに大きな違いが出るので、基本のコツをしっかりとマスターしておきましょう。

材料と必要な道具

コーヒーを淹れるのに必要な道具一覧

Photo by donguri

・ドリッパー
・サーバー
・ペーパーフィルター
・細口ドリップポット
・マグカップ
・コーヒー豆

コーヒー豆の分量

コーヒー豆は1人分(約140ml)につき10〜12gで用意しましょう。ペーパードリップで入れる場合、苦味とコクがバランスよく抽出できる「中細挽き」がおすすめです。

淹れ方

1. 細口ドリップポットに水を入れ、必要なドリップ分量(140ml×人数分)より多めにお湯を沸かします。
お湯を沸かしている様子

Photo by donguri

2. ペーパーフィルターをドリッパーにセットし、人数分のコーヒー豆を入れます。
コーヒー豆をトリッパーに注いでいる様子

Photo by donguri

3. 沸騰したお湯をサーバーとマグカップに入れてゆすぎ、容器を温めておきます。
沸騰したお湯をサーバーに注ぐ様子

Photo by donguri

4. 少量(20ml程度)のお湯をコーヒー豆全体に均一に注ぎ、20〜30秒ほど蒸らします。
コーヒー豆が入ったサーバーにお湯を注いで蒸らす様子

Photo by donguri

5. サーバーとコーヒー豆のちょうど中心の部分に、小さな渦(ひらがなの「の」の字)をかくように、お湯を少量ずつ回しかけます。
コーヒー豆が入ったサーバーにお湯を注いで蒸らす様子

Photo by donguri

6. 人数分のお湯を入れたら、温めておいたマグカップにコーヒーを注いでできあがりです。
サーバーからマグカップにコーヒーを注ぐ様子

Photo by donguri

1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう