ドリップコーヒーのおいしい淹れ方。基礎からコツまでしっかり解説

ペーパーフィルターを使ったドリップコーヒーの淹れ方をご紹介します。ドリッパーさえあれば手軽に淹れられ、器具の手入れも簡単なので、コーヒー初心者の方にもとってもおすすめ。コツをおさえれば自宅で本格的なコーヒーが楽しめるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年5月14日 更新

ペーパーフィルターを使ったドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーの入ったマグカップとサーバーやケトル

Photo by donguri

ネルドリップ・サイフォン・フレンチプレスなどいろいろな抽出方法があるコーヒーですが、ハンドドリップの中でもっとも定番なのが、ペーパーフィルターを使う方法です。

手軽に淹れられる人気のドリップ方法ですが、抽出の仕方によって味わいに大きな違いが出るので、基本のコツをしっかりとマスターしておきましょう。

材料と必要な道具

コーヒーを淹れるのに必要な道具一覧

Photo by donguri

・ドリッパー
・サーバー
・ペーパーフィルター
・細口ドリップポット
・マグカップ
・コーヒー豆

コーヒー豆の分量

コーヒー豆は1人分(約140ml)につき10〜12gで用意しましょう。ペーパードリップで入れる場合、苦味とコクがバランスよく抽出できる「中細挽き」がおすすめです。

淹れ方

1. 細口ドリップポットに水を入れ、必要なドリップ分量(140ml×人数分)より多めにお湯を沸かします。
お湯を沸かしている様子

Photo by donguri

2. ペーパーフィルターをドリッパーにセットし、人数分のコーヒー豆を入れます。
コーヒー豆をトリッパーに注いでいる様子

Photo by donguri

3. 沸騰したお湯をサーバーとマグカップに入れてゆすぎ、容器を温めておきます。
沸騰したお湯をサーバーに注ぐ様子

Photo by donguri

4. 少量(20ml程度)のお湯をコーヒー豆全体に均一に注ぎ、20〜30秒ほど蒸らします。
コーヒー豆が入ったサーバーにお湯を注いで蒸らす様子

Photo by donguri

5. サーバーとコーヒー豆のちょうど中心の部分に、小さな渦(ひらがなの「の」の字)をかくように、お湯を少量ずつ回しかけます。
コーヒー豆が入ったサーバーにお湯を注いで蒸らす様子

Photo by donguri

6. 人数分のお湯を入れたら、温めておいたマグカップにコーヒーを注いでできあがりです。
サーバーからマグカップにコーヒーを注ぐ様子

Photo by donguri

コーヒーをおいしく淹れるコツ

お湯の温度

ペーパードリップでコーヒーを淹れるのに最適なお湯の温度は92〜96度。お湯は100度で沸騰するので、火を消してからひと息ついたタイミングが適温となります。抽出中にコーヒーの温度が下がらないように、多めにお湯を沸かしたらサーバー・ドリッパー・マグカップを熱湯でゆすいで温めておきましょう。

水の種類

コーヒーは「軟水」「硬水」で淹れるかによって味わいに違いが生まれます。

日本の水道水のほとんどを占める「軟水」は、コーヒーの成分に影響を与えにくく、そのものの特徴を純粋に活かすことができます。水道水で作る場合は、しっかりと沸騰させてカルキ臭を飛ばしてあげるのがポイント。

そのまま飲んでも苦みを感じることがる「硬水」は、コーヒー成分と反応するミネラル分を多く含んでおり、コーヒーの苦味が強く出る特徴があります。

味を深く追求したい方は、同じコーヒー豆で水だけを変えて淹れてみると、どちらの水が自分好みか比較できるのでおすすめです。

蒸らしの時間

お湯の温度や水の種類は上級者向きのポイントですが、初心者でも必ずおさえておきたいのが「蒸らし」の時間です。本格的に抽出を始める前にコーヒー豆とお湯を馴染ませる「蒸らし」をおこなうことで、コーヒー豆に含まれる「炭酸ガス」が放出され、コーヒー成分がしっかりと抽出できます

ドリップバッグのコーヒーも同じように「蒸らし」の時間をおくことで、おいしく淹れることができますよ。

お湯の注ぎ方

コーヒーを淹れるのに「細口ドリップポット」を使用しましたが、やかんではなく細口のドリップポットを使うのは、ゆっくりと細く、小さな「の」の字を書くように、一定の高さをキープしながらお湯を注ぐのに細口のドリップポットが必要なため。

コーヒー豆とお湯がきれいに落ちてゆく道筋を作ることで、雑味のない本来のおいしさを引き出すことができます。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう