ドリップコーヒーの淹れ方

基本的なドリップコーヒーの淹れ方について紹介します。自宅でおいしいコーヒーを楽しめるので、ぜひ参考にしてくださいね。

用意するもの(道具、材料)

Photo by 今野直倫

・コーヒーサーバー
・ドリップケトル
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・ドリッパー受け

コーヒー1杯につき、10gのコーヒー粉を用意してください。コーヒー1杯分は約120ccとなるため、人数が増えるとコーヒー粉も増やす必要があります。人数ごとの目安量は以下を参考にしてください。

1杯分(約120cc)/コーヒー粉量:10g
2杯分(約240cc)/コーヒー粉量:20g
3杯分(約360cc)/コーヒー粉量:30g

ドリップの手順

1. コーヒー豆を挽く

Photo by 今野直倫

コーヒー豆を挽いて粉にします。コーヒー1杯分の場合は10gの豆を用意してください。

2. 器具を準備する

Photo by 今野直倫

コーヒーサーバーの上にドリッパーをのせてから、ペーパーフィルターをセットします。ペーパーフィルターにコーヒー粉を入れてください。

3. ドリップする

Photo by 今野直倫

お湯を4回に分けて注ぎましょう。1回目はコーヒー粉全体にお湯がかかるように注いで、サーバーにコーヒーが落ち始めたら注ぐのを止めて30秒ほど待ちます。そのあと、3回に分けてゆっくりとお湯を注ぎ、コーヒーを抽出してください。

Photo by 今野直倫

サーバーにコーヒーが抽出されたら、ドリッパーを外してドリッパー受けに置きましょう。カップにコーヒーを注げば、おいしいドリップコーヒーの完成です。

おいしく淹れるコツ・ポイント

初心者でも、おいしいドリップコーヒーを淹れるコツはお湯を少し冷ますこと。ドリップコーヒーは、熱湯を使うと苦味が出やすくなります。

そのため、しばらくお湯を冷ましてからドリップすると、コーヒーがおいしくなるのです。もし、温度計を持っていれば85度を目安にしてください

コーヒー豆の挽き方は中挽きがおすすめです。細挽きにすると、苦味やエグ味が出てしまいます。ドリップコーヒーに慣れてきたら、コーヒー豆の鮮度にもこだわってみるのもよいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ