赤ワイン「ライトボディ」に合うおつまみ3選

7. 甘味の濃縮感たっぷり。ドライフルーツ

ほかのタイプと比べると、やや酸味のあるライトボディのワイン。濃縮した甘味とコクを楽しめる、ドライフルーツを一緒に合わせると、ワインの果実味をより感じられて楽しいです。とくに、干しブドウ、ドライイチジク、ドライクランベリーなどがおすすめですよ。

ITEM

‎丸西産業 山下屋荘介 国産ドライフルーツ食べ比べセット

¥1,000〜

内容量:100g

※2022年2月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

8. フルーツを巻いてヘルシーに!生ハム

生ハムのコクと塩味は、赤ワインの果実味を引き立てくれるのでおすすめです。いちじくやメロンなどのフルーツと一緒に食べることで、フルーツの甘味と酸味がライトボディのワインをより華やかに演出してくれます。ぜひ季節のフルーツも一緒に盛り付けてみましょう。

ITEM

CAMPODULCE(カンポドゥルセ) ラックスハム(スライス)

¥1,049〜

内容量:200g

※2022年2月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

9. トマトの酸味が抜群!カマンベールチーズアヒージョ

Photo by macaroni

カマンベールチーズとトマトのアヒージョは、簡単にできるおすすめのおつまみです。トマトの酸味とカマンベールのコク、ミルキーな味わいが、さわやかな赤ワインに旨味をプラスしてくれます。

アヒージョには、アンチョビを入れることもありますが、赤ワインと合わせるときは入れないほうがおいしくマリアージュしますよ。

赤ワインのおつまみは、こだわらなくても大丈夫!

赤ワインを飲むときは、渋味・酸味・甘味のバランスを考えて、おつまみを選べば失敗することは少ないです。好みのペアリングを見つけるのも、ワインを楽しむひとつの方法。カルディや成城石井、スーパーやコンビニでも買える食材もたくさんありますので、ぜひ試してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Photo by macaroni

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ