ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

毎日の生活に取り入れたい!スパイス白湯

Photo by 岡崎慶嗣

本記事で紹介するスパイス白湯6種類(うち右下のみスパイスドリンク)
スパイス白湯は、さまざまなスパイスを白湯(沸騰したお湯)に加えたもの。安価で手間なく作れる手軽さと即効性が魅力です。

古くからスパイスは、料理に使われるだけでなく、体の調子を整えるための薬用としても使われているもの。そんなスパイスの力を簡単に素早く体に取り入れられるのが、スパイス白湯なんです。

そんなスパイス白湯について教えてくれたのは、看護師で健康コンシェルジュの市野さおりさん。

Photo by 岡崎慶嗣

看護師・健康コンシェルジュ/市野さおりさん 「トータルヘルスケアサポート“Confianza”せき鍼灸院」主宰。看護師としての経験を活かし、自然代替医療と組み合わせによる健康改善を推進している。スパイスをはじめ薬膳やアロマ、漢方、ハーブ、中国茶など幅広い知識を持ち、アロマセラピスト、リフレクソロジストとしての顔ももつ

Photo by 岡崎慶嗣

「スパイス白湯であれば、料理で取り入れるよりも早く、スパイスの成分を取り込むことができ、効果を感じやすいんです。

そもそも、スパイスとは『体に刺激を与える効能をもつもの』のことなので、香辛料に限らず、大葉、長ねぎ、みょうがといった野菜も含まれます。

ご紹介するレシピでは、コンビニやスーパーマーケットなどで比較的手に入りやすいスパイスを使います」

「スパイス白湯」を取り入れる際のポイント4つ

Photo by 岡崎慶嗣

1. 空腹時に、少しずつ飲む

「スパイス白湯は、吸収率が高まる空腹時に飲むことがポイント。朝の起きたてがおすすめです。一気に飲まず、少しずつゆっくり味わうように飲みましょう」

2. 白湯80~150ccに、スパイス2振り程度を加えて飲む

お湯の量は80~150ccほど、スパイスはだいたい2振り程度(少々さじ=小さじ1/8、約0.6g)の量を加えて飲みます。ご自身が飲み切れる量からスタートしてください」

3. しっかり混ぜて、最後のひと粒まで飲む

「スパイスはカップの下に溜まりやすいので、スプーンやマドラーで混ぜながら最後のひと粒まで飲み切ってくださいね」

4. 同じ種類を飲み続けない

「毎日同じものを飲み続けると、刺激に慣れてしまって効果が弱まってしまうことも。不調や気になる症状に合わせた対処法として取り入れてください」

冬だからこそ気になる胃腸や体の冷え、寒さによる肩こりや免疫力の低下など、不調に良い症状別のレシピをご紹介します。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ