ライター : もあいかすみ

料理研究家

仕事後でも作れるおいしい簡単レシピ【OL仕事めし】を更新中。

15分でごちそうごはん!ほんのり甘酢えび天津飯

Photo by もあいかすみ

調理時間:15分

こんにちは!もあいかすみです!
今週の【OL仕事めし】は、「ほんのり甘酢えび天津飯」です。

ほんのりきかせる甘酢がえびの風味を引き立てて、ごはんがすすむこと間違いなし。プリプリ食感の赤いえびが黄色い卵の上にゴロゴロのって、豪華です。色どりも春らしくて、見ているだけで気持ちが上がります。

冷凍えびのストックがあれば、買い出し不要で作れるので、花粉症にはありがたい!さらに洗いものが少なく、あと片付けも超ラクチンです。

では、いってみよう♪

材料(1人分)

Photo by もあいかすみ

・卵……2個
・えび……5尾(背ワタ抜きのむきえびを使うと簡単です)
・酒……小さじ1杯
・塩……ひとつまみ
・マヨネーズ……小さじ2杯
・塩こしょう……少々
・サラダ油……適量
a. しょうゆ……大さじ1/2杯
a. 酢……小さじ1杯
a. 砂糖……小さじ1杯
a. 鶏ガラスープの素……小さじ1/2杯
a. 水……100cc
・片栗粉……大さじ1/2杯
・ごはん……1杯分
・青ねぎ……適量(小口切り)

作り方

Photo by もあいかすみ

えび(殻付きのえびを使う場合は、殻を取って背ワタを爪楊枝で引き抜いておく)に塩と酒をふり、5分おきます。

Photo by もあいかすみ

ボウルに卵を割り、塩こしょう、マヨネーズを加えてよく混ぜます。卵と混ぜたマヨネーズが多少ダマになっていても、加熱すれば溶けるので問題ありません。

Photo by もあいかすみ

フライパンを強火で熱し、サラダ油を入れて煙が出てきたら卵を入れます。表面がプツプツしてきたら、底からかき混ぜながら真ん中に寄せていきます。上画像のような状態になったら、フライパンを振ってひっくり返します(フワフワの半熟状に仕上がります)。

Photo by もあいかすみ

フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れてえびを炒めます。

Photo by もあいかすみ

えびの色が変わったら(a)を入れ、加熱します。

Photo by もあいかすみ

沸騰したら、片栗粉と同量の水(分量外)を合わせた水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつけます。

Photo by もあいかすみ

器にごはんを盛りつけ、焼いた卵をのせ、えびの甘酢あんをかけます。
お好みで青ねぎをトッピングしてくだい。

忙しい人におすすめ

Photo by もあいかすみ

15分でできる「ほんのり甘酢えび天津飯」はいかがでしたか?

卵にマヨネーズを加えると、化学変化を起こしてフワフワになります。さらに、酢のはたらきによって仕上がりもきれいな卵色に。オムレツや厚焼き玉子にも使えるのでぜひ覚えておいてください。マヨネーズマジックを語り出すと止まらなくなってしまうので、今回はこのへんで(笑)。忙しく働く方、育児・家事で忙しい方におすすめします。

MOAI's KITCHENのInstagramでは、忙しい人でも簡単にできる#OL仕事めしを毎日配信しています。興味のある方はご覧ください。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!

編集部のおすすめ