7. 朝食のおかずに。いんげんのオムレツ

子供が大好きなオムレツの具材にいんげんを使って、カラフルに仕上げましょう。おいしく作るコツはマヨネーズを混ぜ合わせること。ふんわり食感のオムレツが楽しめますよ。しっかり火を通せば、お弁当のおかずにも活用できます。

8. 中華風。むきえびといんげんのもやし炒め

ぷりぷりのむきえびに、シャキシャキとしたいんげんともやしを組み合わせて作る、食感が楽しめる炒め物です。鶏ガラスープの素・塩こしょう・酒で中華風に味付けします。粗挽き黒こしょうをふりかけてピリッとアクセントを付ければ、お酒にも合いますよ。

9. 鮮やかに彩る。鮭といんげんの和風甘酢あんかけ

いんげんと鮭で作る和風甘酢あんかけは、あとひくおいしさ♪ ごはんがもりもり進みますよ。鮭は薄力粉をまぶしてから焼くのがポイント。旨味が閉じ込められて、こんがり香ばしい仕上がりになります。彩り鮮やかで、テーブルを華やかに飾りたいときにぴったりです。

10. やみつき味。牛肉といんげんの中華風炒め

旨味たっぷりの牛肉の薄切りと、シャキシャキとした歯ごたえのいんげんは相性が抜群です。ごま油で炒めてオイスターソースやしょうゆで味付けすれば、あとひくおいしさに。牛肉の薄切りの代わりに、合い挽き肉や豚肉でも作れます。

11. お弁当のおかずに。いんげんの豚バラ肉巻き

いんげんを豚バラ肉で巻いて、甘辛だれに絡めて作る肉巻きレシピです。パクっと食べやすく、子供が喜んで食べてくれること間違いなし。巻き終わりを下にして焼くと、肉がはがれにくく、きれいな形に仕上げることができます。

意外と消費できる!いんげんのスープレシピ4選

12. ほっこり。いんげんとわかめのみそ汁

和食のお供に欠かせないみそ汁。いんげんは、みそ汁の具材にぴったりです。にんじんや玉ねぎなどの野菜、豆腐、油揚げなどと組み合わせてもおいしいですよ。風味を損ねないために、みそを入れたら沸騰させないのがポイントです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ