ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

一食110円&15分で!豆腐の和風キーマカレー【ヘルシー節約ごはん#3】

Photo by 宮本信義

1月第三週の連載「ヘルシー節約ごはん」では、一食200円(※)&調理時間15分以内、身近な食材を使ったヘルシーごはんレシピを紹介します。第三回は「豆腐の和風キーマカレー」です。
※調味料除く、材料費のみ

教えてくれたのは、自身も3ヶ月で-7kgのダイエットに成功した経験をもつ、料理研究家のきじまりゅうたさん。

Photo by 宮本信義

料理研究家/きじまりゅうたさん 祖母、母ともに料理家という家庭で育ち、5歳の頃から包丁を握る。23歳から本格的に料理の道へ。調理する人、食べる年代やシーンに合わせた「作りやすくておいしい料理」をモットーに、オリジナリティあふれるレシピを考案。身近で再現性の高い家庭料理が好評で、テレビや雑誌を中心に多方面で活躍している
前回の記事はこちら▼

Photo by 宮本信義

「『豆腐の和風キーマカレー』は、肉の代わりに豆腐を使ったベジメニューです。豆腐を水切りして、食感をしっかり出すのがポイント。わざわざ大豆ミートを使わなくても肉らしさが感じられますよ。

また、焼き豆腐は水分が少ないので、短い時間で水切りできるのがメリット。そのため、今回のように肉代わりの炒り豆腐や、豆腐ハンバーグにしたいときは、木綿豆腐より焼き豆腐がオススメなんです」

材料(2人分)

※1人分 約110円、調理時間 約15分

Photo by 宮本信義

・焼き豆腐……約300g(1丁)
・玉ねぎ……1/2個
・サラダ油……大さじ1/2杯
・カレー粉……小さじ2~3杯
・にんにく(すりおろし)……小さじ1/2杯 ※チューブでも可
a. ケチャップ……大さじ1と1/2杯
a. しょうゆ……大さじ1と1/2杯
a. みりん……大さじ1杯
・白すりごま……大さじ1杯
・かつおぶし……3g
・ごはん……お茶碗2杯分

作り方

1. 玉ねぎを粗みじん切りにする

Photo by 宮本信義

玉ねぎを、粗めのみじん切りにします。

「粗みじん切りにするときは、半分にカットした玉ねぎに包丁で放射状に切り目を入れて端から刻むとバラバラにならず、大きさも均等になりますよ」

2. カットした玉ねぎを炒める

Photo by 宮本信義

フライパンにサラダ油(大さじ1/2杯)を熱し、カットした玉ねぎを3〜4分炒めます。

3. 玉ねぎを炒めながら、焼き豆腐を水切りする

Photo by 宮本信義

焼き豆腐を厚手のキッチンペーパーの上にのせて、フォークで潰して広げます。さらに、上からもう1枚キッチンペーパーをのせ、軽く上から押さえて水分を出しましょう。

手前からくるくると巻いて筒状にして、さらに水気を絞ります。絞り汁とキッチンペーパーは捨てずに取っておきましょう。

「フォークでつぶした焼き豆腐は四角く広げて、丸めて絞っていくと簡単に水分が抜けます。水分を抜いただけで、肉そぼろのようになるんです。出てきた水分は、豆腐の旨味がたっぷり染み出たもの。最後にしっかり使いますよ!」

4. 焼き豆腐を加え、ほぐすように炒める

Photo by 宮本信義

2の玉ねぎに3の焼き豆腐を加えます。焼き豆腐をほぐすように、炒め合わせましょう。

編集部のおすすめ