作り方のコツ

コツは具を多めにのせて、パンでサンドしてしっかりプレスすることが重要です。食材がパンと馴染むまでしばらく置いておきましょう。 これが基本的な作り方ですが、トマトや卵などお好みでアレンジしてみてもOK!味や見た目を自分好みに調整してみましょう!

実はカロリーが高い!?

実は、一切れ350kcalほどある沼サン。そのまま二切れ食べてしまいそうな流れですが、二切れ食べると約700kcalあります。 カロリーが気になるという方は、マヨネーズをカロリーハーフにしたり、塩揉みだけしたキャベツを使用するなど、カロリーコントロールすると良いでしょう。また、ベーコン(1枚69キロカロリー)をハム(1枚27キロカロリー)に置き換えするのも良いですね。

沼サンの包み方

沼サンを作ったら、このサンドイッチの醍醐味である断面を美しく見せたいですよね。それには、包み方がポイントになります。しっかり包んでおけば、包丁も入りやすく綺麗に切れますよ。

包み方

作った沼サンをラップの上に置いたら、奥側にあるラップを上からかぶせ、包み込むようしっかりときつく引っ張り、サンドイッチの下へ折り込みます。左右のラップも引っ張りながら中へ折りたたみ、真上から見て、食パンだけが見えている状態にします。具材がパンと馴染むまで、しばらくおいておきます。 ラップがピンと貼られた状態で、包丁でカットします。

ワックスペーパーで食べやすく

カットしたら、お皿に移してそのまま食べても良いですが、ワックスペーパーを使うと、こんなにお洒落に!端をキャンディー風にクルッとまとめれば具材がこぼれにくく、さらに食べやすくなりますよ。

お弁当にする場合

このような竹籠に、ワックスペーパーやクッキングシートをしいて詰めれば、野菜などから出る水分の漏れの不安がなくなります。
また、なるべく傷まないよう野菜は事前にしっかり水切りしてから使いましょう。お弁当箱をふろしきや袋に入れて持ち歩く際には、一緒に保冷剤を入れておくと良いでしょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ