ローディング中

Loading...

サンドイッチは手軽に食べられるのでお弁当にちょうどいいですよね。お昼にお弁当箱を開けたら具材の水分でパンがべちょべちょ・・・そんな経験をお持ちの方も多いはず。今回はお昼までできたてキープのサンドイッチの作り方のコツをご紹介します。

サンドイッチをベチャベチャにさせないコツ

本格的なアツさの到来を前に、ピクニックや公園などで涼しい風を浴びて食べるお外ゴハンが楽しい季節!そんな時に大活躍するのが、持ち運びに便利な「サンドイッチ」!ただ、具の歯ごたえがなくなりやすかったり、水分がパンにしみ込んでベチャッとなりがち。。

「何とか作り立ての食感を保つ方法はないの…?」とお悩みの方に朗報!
実は、いくつかのポイントを抑えるだけで作り立てのシャキシャキ感をキープすることができるんです♪

1、お野菜の水分をしっかり拭き取る

基本中の基本ですが、これは作ってから食べるまでに時間がある場合どうしてもやっていただきたい作業です。

レタスの水分を取る方法

きれいに洗ったレタスは大き目に切って(断面から水分が出やすくなるため)キッチンペーパーなどに挟んでしばらくの間軽めの重しをかけて水分を出します。
時間が許されるなら半日程度置くとしゃっきり感が残った理想のサンドイッチ用レタスになります♡

キュウリの水分を取る方法

キュウリはスライスした後ごく少量の塩を振り5分ほど置いた後にキッチンペーパーで水分を取ります。
味付けではなくあくまで水分を出す為のお塩です。水分を出しすぎてもキュウリのしゃきしゃき食感がなくなるので本当にちょっとのお塩、寝かし時間で十分です。

トマトの下処理

トマトは水分の多い食材でサンドイッチに入れないという方もいらっしゃいますが下処理すれば大丈夫!
・スライスをして種を取る
・塩を振りキッチンペーパーに挟んで一晩おく
キュウリと違いトマトのお塩は多めに!
水分がしっかりとれるのと、トマトの味を凝縮してうまみを出すことができるためトマト自体がおいしくなります。

2、パンの下準備

マーガリン・マヨネーズなど油分でブロック

具材との相性もあるので何を塗るかは作る方の好みにもよるのですが、油分のあるもので水分をブロックするのも基本的なサンドイッチのコツですよね。

スライスチーズを使う

パンとお野菜が直接接触してしまうと水分がパンに移動してしまいます。
スライスチーズを使うとしっかりブロックしてくれますよ!
今までパン→お野菜(レタス、キュウリ)→ハムなど→チーズ→パン
としていた方はお野菜とチーズの順番を入れ替えてみてください。

3、具材を工夫

ジャムやピーナツバター

お野菜サンドイッチの他にジャム、ピーナツバターを挟んだサンドイッチは水分がほとんどないのでべちょべちょになりません。
ジャムなどはパンにある程度しみこんでもそれがおいしいですよ!

ツナサンドにパン粉を混ぜて

ツナサンドはべちょっとなりやすいサンドイッチの一つです。
水分を飛ばすコツは
・玉ねぎを数分間炒めて水分を飛ばすと同時に甘味を出す。
・油をしっかり切ったツナ、タマネギ、味付け用マヨ、塩コショウ+パン粉!
パン粉が余分な水分を取りつつうまみを吸ってくれるのでおいしく出来上がります。

生クリームたっぷりのフルーツサンド

フルーツも水分が多いのですが、生クリームをたっぷり使ってサンドするとパンに水分が移るのを防いでくれます。
真ん中を高めに外側を少な目に作ると見た目も良くなりますよ!

4、しっかり保冷

サンドイッチをお弁当に持っていくときは作った後から常温で持ち歩く場合が多いのですが、この常温が、お野菜をしんなりさせたり水分を出させたりする原因の一つです。
コンビニサンドがおいしいのは、作ったときからお店まですべて一定の温度で鮮度キープされているからというのは有名な話。
ご自宅で作る場合もできるだけ保冷剤、保冷バックなどで温度管理をしてみてください。

おいしさにはちょっとした工夫を♡

ピクニックなどの場合はその場で作って食べるなんてのもアリ!
お好きなパンと、お野菜、ハムや卵をお弁当箱に詰めてセルフサンドイッチなどは大人数の時にも話のタネになりますよ!
小さいサイズのマヨネーズなども売っていますので持ち運びの心配もなし!
みんなでワイワイ楽しんじゃいましょう♡
お野菜の下処理結構時間がかかる!と思われるかもしれませんが、そのひと工夫でおいしさは数倍違ってきます。
寝る前にちょっと準備、当日はささっと挟んで♡おいしいランチを楽しんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パン

ミニストップから、健康応援商品「糖質コントロールパン」が登場します。毎日の食事を通して、手軽においしく健康的に過ごせるよう製造されたこれらの商品。どれも糖質を抑えられているのにとてもおいしいので、健康志向の方…

アボカド

スーパーでアボカドを買ってきたものの、固すぎたり、反対に熟しすぎてべちゃべちゃになってしまったり・・・ちょうどいい状態を選ぶのが難しいアボカド。そこで、今回はおいしいアボカドの選び方や注意点について詳しく解説…

毎月の出費を減らしたいけど、何を削ったら節約になるんだろう?そんな方はぜひ食費を見直してみませんか。ちりも積もれば山となる!欠かすことのできない食費から少しずつ節約すれば、効率的に無駄遣いを減らせますよ。今回…

パン レシピ

酉年の今年はひよこをアレンジしたおかずやスイーツが話題になっています。そんな中で、ぎっしり並んだひよこがかわいすぎると人気を集めている「ひよこパン」をご存じでしょうか。失敗しちゃってもかわいい「ひよこパン」の…

ベトナム料理 東京 まとめ サンドイッチ

ベトナムのファストフード的存在である「バインミー」を食べれる都内のお店をまとめました。ツイッターやインスタグラムでもじわじわと人気を集めつつあるベトナムのサンドイッチ「バインミー」。是非、その人気ぶりを確かめ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

今、ひそかに人気が出てきている「ベジバッグ」をご存知ですか?買った野菜をそのまま保存でき、育ったままの形で野菜を保つことから長持ちもし、見た目もおしゃれなんです。そんな「ベジバッグ」とはどんなものなのかご紹介…

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっている…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...